二人で食事はデートになる?デートの定義を男女100人にアンケート

男女が二人きりで食事をするとデートになるのでしょうか? 気になる相手と食事をした時には、相手がどう思っているのか気になりますよね。

そこで今回は『デートの定義』について、男女二人で食事をしたケースを例に、100人の方たちにアンケートを取ってみました。

果たして、デートの定義はどこで決まるのでしょうか?

スポンサーリンク

二人で食事はデートになる?

たまたま会って食事をした場合

男女100人の方たちに「会社の同僚同士の男女の二人が、たまたま街でバッタリ会って食事をした場合は、デートになると思いますか?」と聞いた結果がこちらです。

  • デートになる:8名
  • デートにはならない:92名

たまたま会って食事をした場合は、9割以上の方が「デートにはならない」と答えています。

ですから、もしこのようなことがあった時には、相手はデートという認識を持っていない可能性が高いでしょう。

約束をして食事をした場合

では、たまたまではなく、会う約束をして食事をした場合はどうなのでしょうか?

このケースについて、男女100人に聞いた結果がこちらです。

  • デートになる:52名
  • デートにはならない:48名

先ほどと比べると、「デートになる」と答えた方の割合が大きく増えましたね。

しかし、それでも半数くらいなので、「自信を持ってデートとは言えないかな」と思った方も多いことでしょう。

約束をして、映画を見てから食事をした場合

今度はさらに『映画』も追加してみましょう。

男女100人に「会社の同僚同士の男女の二人が会う約束して、一緒に映画を見てから食事した場合は、デートになると思いますか?」と聞いてみた結果です。

  • デートになる:72名
  • デートにはならない:28名

この場合では7割以上の方が「デートになる」と答えています。

ですから、気になる異性を誘う時に相手にもデートと認識してもらうためには、食事だけでなく、映画も一緒に提案してみることが有効になりそうですね。

スポンサーリンク

互いに好意を持った二人が食事をした場合

約束をした場合では約半数が、映画を追加してもまだ約3割の方が「デートにはならない」と答えていました。

『約束の有無』や『遊び方』だけではデートとして成立しないなら、やはりお互いの気持ちが大事になるのかもしれません。

そこで「お互いに好意を持った二人が、会う約束して食事をした場合は、デートになると思いますか?」と聞いた結果がこちらです。

  • デートになる:95名
  • デートにはならない:5名

9割以上の方が「デートになる」と答えていますので、 これはもうデートと認識しても大丈夫でしょう。

さらに映画を追加してみると、このような結果となりました。

  • デートになる:97名
  • デートにはならない:3名

わずかですが、よりデートとして認識する方が増えましたね。

また、「好意を持った二人が、たまたま会って食事をした場合ではどうですか?」と聞いた結果がこちらです。

  • デートになる:57名
  • デートにはならない:43名

一番最初の質問では9割以上の方が「デートにならない」と答えていましたが、お互いに好意があると、たまたま会っても半数以上の方がデートとして認識するようです。

ですから、男女が二人きりで食事をした場合には、「約束の有無」「遊び方の内容」「お互いの好意」この3つの要素がデートになるかどうかを決めると言えるでしょう。

男女で認識に違いはある?

今回は男性50人、女性50人の計100人にアンケートを取っています。

デートとしての認識については「男女で差があるのでは?」と思った方も多いと思います。

実際、アンケートの結果では、やはりデートの認識には、男女で差があることが分かりました。

「男女二人が、会う約束をして食事をした場合は、デートになりますか?」と聞いたアンケートの男女別の結果がこちらです。

  • デートになる:男性30名・女性22名
  • デートにはならない:男性20名・女性28名

この質問では6割以上の男性が「デートになる」と答えているのに対し、女性は半分に届かない結果となっています。

また「お互いに好意を持った男女二人が、会う約束をして食事をした場合は?」と聞いた結果がこちらです。

  • デートになる:男性50名・女性45名
  • デートにはならない:男性0名・女性5名

この場合では、男性は全員が「デートになる」と答えたのに対して、約1割の女性が「デートにならない」と答えています。

ですから、デートの定義については、女性よりも男性のほうが、デートとして認識しやすい傾向があると言えるでしょう。

まとめ(結論)

今回は『デートの定義』について、男女100人に聞いたアンケート結果を分析してご紹介してきました。

  • 男女がたまたま会って食事をした場合:9割以上の方が「デートにならない」
  • 会う約束をして、食事をした場合:5割の方が「デートになる」
  • 会う約束をして、映画を見た後に食事をした場合:7割の方が「デートになる」
  • 好意を持った二人が、約束をして食事をした場合:9割の方が「デートになる」
  • 男性のほうがデートと思いやすい傾向がある

「デートになるかどうか?」は個人差や、男女で認識の差はありましたが、『約束の有無・遊び方の内容・お互いの好意』の3つが、その差を決める要素となっています。

ただし、自分が好意をもっていても、相手がどう思っているかは分かりませんので、実際には『約束の有無・遊び方の内容』の二つだけで判断するほかありません。

とは言え、約束をしていれば、全体の半数以上が「デートになる」と答えていましたので、約束さえしていれば、デートと認識しても問題ないのではないでしょうか?

ちなみに、このサイトでは便宜上、男女が二人で会った場合は全てデートとして紹介しています。
参照:付き合う前デートの記事一覧

他にも多数の記事を紹介していますので、ぜひあなたの恋を成就させるための参考にしてみてくださいね。