彼女いないアピールをする男性心理!これって脈ありサイン?

「オレ今、彼女いないんだよね」という男性の『彼女いないアピール』。「これってもしかして脈ありなのかな?」と思っている女性も多いでしょう。

そこで今回は、彼女いないアピールをする男性に、その本音を聞いてみました。

男性が「彼女いない」という言葉には、何か狙いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

彼女いないアピールをする男性心理

気になる女性に対してだけ

20代男性「DOS」さん
付き合いたいと思っている、気になっている女性にしか言いません。
逆に気になっていない、意識していない女性には絶対に言いません。
会話の中で相手に聞かれて言いたいですが、相手から聞かれない場合は自分から相手に「彼氏はいるか?」などと聞いてから自然に「自分は彼女がいない」というアピールに持っていきます。
やはり「彼女いないアピール」をすることによって、相手のテンションが上がってくれることを期待します。
相手が「彼女いないアピール」に食いついてきた場合は、「どんな人がタイプなのか?」など話を広げていきます。
30代男性「yoneyone」さん
彼女がいないと伝える場面というのは、彼女がいると伝えたら不都合な場面だとも言えます。
例えば、彼女がいるけど、この子とデートがしたい、もっと近づきたいと考えたときに、自分はフリーだから大丈夫と思ってもらうためです。
それを伝えたときの反応で、じゃあデート行こうみたいな流れに続ければしめたものです。
そうなんだーで反応が鈍く、デートにも誘えない雰囲気だったら、時間を置いて、彼女ができたことを伝えます。

※ 他1名

興味のない女性にも言うことがある

気になる人の周りにいる女性に言う

20代男性「いぬ」さん
気になる人がいて複数で行動している場合や、気になる人と仲のいい人、気になる人の所属しているグループと行動を共にする際に言うことが多いです。
2人の時などに直接言うとあまりにも狙いすぎな感じがするのと、女性はお付き合いを考える際に周囲からの評価や噂なども大切にすると聞くので、基本的にその人の周囲の人複数人に会話の流れで自然にアピールするようにしています。
スポンサーリンク

誰か紹介してほしいから

20代男性「ホウル」さん
私が「彼女いないアピール」をする時は誰か私にいい人を紹介して欲しいということを遠回しに言っているときです。
ですから、興味のある女性にも興味のない女性にもこのように言うのです。
とにかく誰かにこのように言っておくと、いい人を紹介してくれる場合もあるのでこのようにいうのです。
でも、大抵の場合は軽く流されて終わりです。
30代男性「ナット―キ」さん
少しでも誰でもいいから私の事を気にして欲しかったり、興味を持って欲しかったりするからです。
興味や関心を持っていただく事によって彼女が出来る可能性が高くなります。
誰でもいいからアピールをすることで彼女を作る作戦に使えると思っているので、ついアピールしてしまいます。

※ 他2名

恋バナは盛り上がるから

20代男性「こーた」さん
自分は誰にでも彼女がいない事を言います。
飲み会に行ったり友達と遊ぶにしても恋バナって盛り上がりますよね。
どの年代も一番楽しくて距離が自然と縮まる話は恋バナだと思います。
なので自分は、自分の話もしますし相手にも聞きます。
それが気になる人であれば恋人がいないことが分かればラインを聞いたりデートに誘ったりしますし、意識していない人でも話題作りの為に恋バナをします。

相手に彼氏がいない時は、なんか申し訳ないから

40代男性「わいわい」さん
彼女いないアピールする理由ですが、会話の流れで相手が彼氏がいない場合など、こちらのリア充ぶりがバレてしまうと、相手の機嫌が悪くなってしまうので、
あまり積極的に彼女がいると言わないようにしています。
特に下心があって、その後の会話につなげるようなことはしていませんが、まったくないとは言い切れません。
その時々で使い分けています。

まとめ(結論)

今回は『彼女いないアピール』の男性心理をご紹介しました。

  • 気になる女性に対してだけ:3名
  • 気になる人の周りにいる女性に言う:1名
  • 誰か紹介してほしいから:4名
  • 恋バナは盛り上がるから:1名
  • 相手に彼氏がいない時は、なんか申し訳ないから:1名

この言葉が脈ありサインになっている男性もいましたが、どちらかと言えば「誰かを紹介してほしいから」という方のほうが多いようですね。

ただ、いずれにしてもこの言葉を言ってきた男性とは、次に繋げやすくなります。あなたにも彼氏がいないなら、とりあえず連絡先を交換しておけば、お互いの友達を集めて飲み会を開催するのも簡単だと思いますよ。