年下男子の恋愛心理について!年上女性に求めているものは?

男性は年下好きが多いイメージがありますが、昔から「姉さん女房」という言葉があるように、年上の女性に惹かれる男性は少なくありません。

しかし、いざ年下の男性と付き合うことになったとしても、どんな風に付き合っていったらいいのか悩んでしまう女性は多いと思います。

そこで今回は、年上の女性と付き合った経験のある男性に「年上女性に求めるものは何か?」を聞いてみました。

年下男子には、どのような恋愛心理があるのでしょうか?

スポンサーリンク

年下男子の恋愛心理(年上女性に求めているもの)

包容力

30代男性「ケーキ大好き」さん(付き合った相手:5歳上)
大人の女性の包容力に期待して付き合いました。
自分が23歳の時に付き合ったのですがまだ若いということもあり年上女性に甘えてみたい、ちょっとワガママを言ってみたいと考えていました。
実際に付き合った感想は年下女性にはない魅力と包容力がありました。
自分が会社の不満とかを話してもちゃんと聞いてくれてアドバイスもあったので優しさと安心感がすごくありました。

面倒見の良さ

20代男性「いしかわ」さん(付き合った相手:3歳上)
付き合った当初、相手に期待していたことは、年上ということもあってしっかりしていて、面倒をみてもらえるんじゃないかと言うところです。
付き合った後も実際に頼れますし、面倒見も良いので本当に感謝しています。
自分も面倒を見てもらってばかりでは悪いと思うので、なんとか彼女を支えれるようになりたいと努力中です。

大人の対応力

20代男性「ジョン」さん(付き合った相手:1歳上)
私は1歳年上の女性の方とお付き合いしてました。
イメージでは年上の女性はどんな時も対応が大人なんだろうなと思ってどんな感じなのかなーと期待してました。
実際付き合った感想はたまたまなのか分かりませんが、本当に対応が大人でした。
私がどんどん喋るタイプなんですが、ちゃんと全部聞いて冷静に全部返してくれてたんです。
やっぱり年上な女性はいいなと思いました。
スポンサーリンク

大人っぽい仕草

30代男性「たくみ」さん(付き合った相手:5歳上)
年上女性に憧れる時期というのは、おそらく男性にとって必ずあるもので、いちいち大人っぽい仕草に魅力を感じていました。
ただ、実際に付き合ってみて、一番違和感を覚えた事、「なんだ。」と言われる事は承知ですが、それはカラオケでの選曲でした。
極端に言えば他は二人次第でどうにでもなるものです。
年の差を一番に痛感、まざまざと見せつけられる曲の数々。
何が辛いって向こうはノリノリでもこっちは共感できないんですよ。
人生のスタート位置が違う事で生じた明らかな断層とでも言えるでしょうか、とにかくそれだけが今でも印象に残っています。

常識力

20代男性「こっちゃん」さん(付き合った相手:4歳上)
同い年や年下の女性と付き合った時は、たまに「この子常識がないのかな」と思ってしまうことがありました。
ただ、僕は人に何かを指摘できるタイプではないので、それがストレスになってしまいました。
そこで「年上の女性ならしっかりしているかも」と思い、たまたま合コンで知り合った年上の女性と初めて付き合ってみました。
するとまさに僕の狙い通りで、相手は僕が年下だから「しっかりしなきゃ」と思っているのか、周りに迷惑をかけるような言動は一切しません。
これもある意味、年上女性の包容力なのかもしれませんが、付き合っていてストレスを感じることがないので、一緒にいて非常に心地良いです。

ギャップ

30代男性「森の林」さん(付き合った相手:7歳上)
私は本当はどちらかと言えば年下好きで、社会に出るまでは年上女性には全く魅力を感じたことがありませんでした。
しかし、新卒で入った会社で出会ったアラサー女性のギャップに惹かれました。
仕事中は大人の女性で、正直ちょっと「うざいな」と思うこともありましたが、飲み会などではそんな雰囲気は一切なく、ただ一人の可愛い女性だったのです。
何度か二人で会って私から告白して付き合いましたが、付き合ってからもそれは同じでした。
二人きりの時に私にしか見せない笑顔や甘えてくる様子に、当時の私はメロメロになっていました。

まとめ(結論)

今回は、年下男子の恋愛心理として『年上女性に求めるもの』をご紹介しました。

  • 包容力
  • 面倒見の良さ
  • 大人の対応力
  • 大人っぽい仕草
  • 常識力
  • ギャップ

やはり、ほぼ全ての面において大人っぽさが求められているようですね。ただ、最後の方がおっしゃっていたように、二人きりの時には甘えるのもアリのようです。

ですから「年下の男性と付き合いたい」という方は、基本的にはあなたがリードする立場を保ちつつも、時には女性的な可愛らしさを見せることも忘れないでくださいね。