彼女の「忙しいから会えない」は嘘?本当の理由を聞いてみた

彼女からの「忙しいから会えないんだ。ごめんね。」という連絡。「本当に好きなら、多少忙しくても時間を作ってくれてもいいんじゃないか」と思っている男性は多いと思います。

そこで今回、彼氏からの誘いを「忙しい」という理由で断った経験のある女性15名に、その時の理由を聞いてみたところ、なんと14名が「実は嘘だった」と回答していました。

では、本当の理由はいったい何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

「忙しいから会えない」と言った彼女の本音

気持ちが離れていた

会うのが面倒(嫌)だった

20代女性「ピコ」さん
彼と会っていても彼の嫌なところが目について疲れてしまうため、忙しいと嘘をついて彼からの誘いを断りました。
お金に対しての1円単位での割り勘や彼の自慢話を笑顔で聞かなければならないなど、価値観の違いも心の中で積もっていて、せっかくの休みを彼と過ごすことに使いたくないと感じ、それからメールで別れを告げました。

※ 他4名

他に好きな人がいた

20代女性「ゆうか」さん
他に好きな人が出来てしまったときに忙しいといって何度も嘘をつきました。
違う職場で本当に労働時間も長かったので、信じてくれていました。
忙しいと言いながら、実はその好きな人と会っていたのもあり、早く気がついて別れてくれないかなあと距離を置いていました。
それでも鈍感なのかなかなか気がついてくれなくて、最後には別れを切り出しました。

彼氏の言動が許せなかった

40代女性「nori」さん
遠距離恋愛をしていて、どんなにつらい思いをしてもこちらからのアプローチを絶やしたことはなかったのですが、ある日電話をすると彼は酔っていて、電話をすると周囲にこいつはおれのオンナだどうとでもなる、などと電話口で大勢の男性がいるところで笑いながら話していました。
その時は何でそんなことを言うのかといろいろと心を病みましたが、暫く経って会いに来たいというので、事あるごとに仕事が忙しいと断りました。
どうしても許せなかったので謝るかと思って待っている間断りつづけましたが謝罪はありません。
そこから電話やメールなど催促がすごかったですが、見切りをつけメールで別れを告げてそのままバイバイしました。
スポンサーリンク

気持ちが離れていたわけじゃない

疲れていたから

30代女性「まるこ」さん
その日は前から彼と会う約束をしていたのですが、なんだか疲れが溜まっていて、仕事が終わってすぐ帰宅してゆっくり休みたい気分でした。
なので急に残業が入ったと嘘をついてしまいました。
正直に疲れてるからと言っても良かったのですが、疲れを理由に会わないのも申し訳ない気がして、嘘をついてしまいました。
その2日後に彼と会って、いつも通りのデートを楽しみました。
彼は特に嘘だと疑ってはいないようでした。

※ 他3名

彼氏の気を引くため

30代女性「みどり」さん
彼は友達が多く趣味もたくさんあり忙しい人だったので、こっちを向いてほしくてわざとこちらも忙しいフリをして断ったことが何度かありました。
いろいろやることが多く楽しそうにしているとこちらの存在が軽くなってしまうようで、会うのを断り続けているとこっちを物凄く意識しだします。
本当は物凄く暇なのですが、時々そういうことをして振り向かせてました。
でもその度にこちらの存在を再認識してくれて彼の方から積極的になってました。

喧嘩をしていたから

20代女性「freesia1989」さん
平日は彼の残業の無い日に一緒にご飯を食べるようにしています。
喧嘩をしていて会いたくない時は「忙しいから」と断り、そのまま自宅に帰ったことがあります。
本当は忙しくなかったのですが、仕事のせいにすれば罪悪感が少し減ると思い、とっさにこの嘘をつきました。
ただの喧嘩だったので、その週の土日には普通に会い、一緒に食事しました。

ゲームがしたかった

30代女性「ちゅるる」さん
私がオンラインゲームにハマっていたときに、仕事から帰ったらすぐにゲームがしたかったし、休日もゲームに費やしたかったので、仕事の後に会おうという誘いを断りました。
さらに、しばらく忙しいからこっちから連絡するまでは連絡してこないでほしいと言ってしまいました。
彼氏と会ってもやることがマンネリ化していたので、まあいいかという気持ちでした。
結局3週間ぐらい連絡していませんでしたが、彼も好きなことをして過ごしていたようで、久しぶりに会ったらお互い結構盛り上がって、その後は前と同じように遊ぶようになりました。
もちろんゲームにハマっていたことは話していません。

まとめ(結論)

今回は、彼氏からの誘いを「忙しいから」と断った経験のある女性の体験談を紹介しました。

  • 忙しいのは本当だった:1名
  • 嘘(気持ちが離れていた):7名
  • 嘘(気持ちが離れていたわけではない):7名

「実は嘘だった」と答えた女性も、「嘘をついたことがある」だけで毎回嘘をついていたわけではないと思いますが、それが続くのは二人の関係にとっては危険なサインとなります。

そして、もし嘘だったとしても、問題なのは彼女が嘘をついたことではなく、その根底にある理由や原因です。「まだ別れたくない」という方は、思い当たる節がないかを見つめ直して、関係修復に努めていきましょう。