押しに弱い女性の7つの特徴!口説いてからの注意点は?

「押しに弱い女性」とよく聞きますが、どんな女性が押しに弱いのかは、男性にはなかなか分かりませんよね。

そこで今回は、女性目線で「押しに弱い女性の特徴」を教えてもらいました。

女性のタイプを理解できれば口説きやすくなると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

押しに弱い女性の特徴

自分に自信が持てない女性

20代女性「りさ」さん
自分に自信が持てない女性は、男性に褒められたり言い寄られたりするのに弱く、簡単に落とされます。
かくいう私がそういうタイプで、ちょっとでも褒められたり好意を向けられるとすぐに好きになってしまいます。
自信のなさから嫌ともいえないので何となく付き合ってしまうことも多々ありました・・・。我ながらチョロい女だと思います。

甘い言葉に弱い

20代女性「みき」さん
まさに私です。女友達の前だとボロクソに相手の男性の事を言ったりしてますが、少しでも甘えた感じで言われたり、強引だったりすると、ついつい誘いに応じてしまいます。
自分でも意思を強く持たなきゃ…とは思っていて、食事だけ…と決めてから行くんですが、つい甘い言葉などを言われたりしたら、結局はホテルまで行ってしまいます。

困っている人をほっとけない

20代女性「ミント」さん
押しに弱い女性は大学時代何人かいましたが、基本的に優しく、困っている人をほっとけない人です。
人の言いなりというと言いすぎになるけど、頼んだことはある程度のことなら何でもしてくれるし、自分のことよりも他人のためになるならと、器が大きい人が多い気がします。
ですが、押されすぎて自分自身が損してるときもあります。
スポンサーリンク

「あっ」と「すみません」が口ぐせ

20代女性「rika」さん
私の友人で押しの弱い人がいます。
喋り方がいつでも「あっ」と言ってから話す人でいつも「すいません」と謝っていて、いかにも気が弱そうです。
なので良いように使われる事が多く学生の頃は授業のノートのコピー要因だったり今はね●み講みたいな商品を買わされたりしています。
見ててかわいそうになってしまいますが変わる事が難しいみたいです。

その後を考えてしまうと断れない

30代女性「マーリュ」さん
仕事の上司で何度か同じシフトに入ることになりました。
仕事初めは、わからないことだらけでいろいろ教えてもらっているうちに、プライベートの事についても少しずつお話する機会がふえてきました。
夜勤などのシフトもあり、人数的に2人だけで入る機会もありました。
そんな時に、突然相手からの好意を聞かされて、嫌いではないですが、仕事を続けて行く上で断ると仕事がやり辛くなるので、しぶしぶ受け入れることになりました。

M気質

20代女性「たーちゃん」さん
そもそもが恋愛にたいして男性にリードしてもらいたいタイプのいわゆるM気質です。
その為、少し強引にされるくらいのほうがキュンときたり、好きな相手やタイプの人からはとくに嫌われたくないと思ってしまい、誘われたりリードされると断れません。
わたしは脈ありな人と初めて飲みに行ったにもかかわらず、家にさそわれ初めてだし一度は断ったものの、絶対何もしないから!の一言にまけてついて行ってしまいました。

買い物でも店員さんに勧められるがまま

30代女性「りんご」さん
友人と買い物に行った時、私はまだ大学生でした。
友人は働いていてお金に余裕がある事もあり、買い物の仕方が違っていました。
店員さんに勧められるまま買うんです。
その日はよく行くお店に入ってこれ可愛いと1つの服を見ていました。
店員さんはこういう風に組み合わせると可愛いですよとデニムやカーディガンを合わせてくれました。
すると友人がいつもなら全部買ってしまうと言い出したんです。
「デニム持ってるよね?」「カーディガンこの色じゃなくても合うよ?」と聞くと「持ってる」と。
「なら要らないよね?」と言って最初の可愛いと言っていたのだけ買いました。
店員さんからしたらいいお客さんなんだろうなと思ってしまいました。

まとめ(結論)

今回は「押しに弱い女性の特徴」をご紹介しました。

  • 自分に自信が持てない女性
  • 甘い言葉に弱い
  • 困っている人をほっとけない
  • 「あっ」と「すみません」が口ぐせ
  • その後を考えてしまうと断れない
  • M気質
  • 買い物でも店員さんに勧められるがまま

こういうタイプの女性なら、恋愛に自信がない男性でも口説きやすいと言えるでしょう。

ただし、あなたにとって口説きやすい女性ということは、他の男性にとっても口説きやすい女性ということ。付き合っていたとしても、他の男性からの誘いを断れない可能性もあります。

ですから、いざ押しの弱い女性と付き合った時には、あなたがしっかりと彼女を守ってあげてくださいね。