プロポーズ前に指輪のサイズが分からない!そんな時の5つの方法

「プロポーズしたいけど、彼女の指輪のサイズが分からない…」という男性は多いと思います。彼女に聞けば間違いありませんが、プロポーズの準備は彼女に内緒でこっそりしたいですからね。

そこで今回は、既婚者男性の方に「プロポーズ前に指輪のサイズをどうやって確認したか?」を聞いてみました。

直接聞くのは最終手段として、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

プロポーズ前に指輪のサイズが分からない時の5つの方法

プロポーズ前にお揃いでリングを購入した

40代男性「ランブータン」さん
私の時は「婚約指輪を買おう!」と決めた半年前、デートの時に何気なくアクセサリーショップに立ち寄り、「お揃いのシルバーリングでも作ろうか?」とアクセサリーリングを作ることで、相手の指輪サイズを確認しました。
いきなり指輪渡して合わなかったーじゃ洒落になりませんからね。
指輪サイズ・つけ心地を確認し、改めて内緒で婚約指輪を購入!もちろんピッタリでした。

デート中に確認しておいた

40代男性「ひろ」さん
僕がやったのは普段から何気なく百貨店の指輪コーナーなどを通りがかったときに「これかわいくない?」などと話を振って、試着してもらい、サイズを店員さんに教えてもらうと同時に、どういうデザインの指輪が好きかをチェックしていました。
後日、こっそり買っておいた指輪をプレゼントしてプロポーズしましたが、おかげでサイズもぴったりでデザインも好みにあったものをプレゼントすることができました。
もちろんプロポーズも受けてもらって、今では彼女が僕の奥さんです。
スポンサーリンク

型を紙に書いた

20代男性「中野」さん
彼女にはサプライズで渡したかったので、なるべく事前にバレない方法を友達夫妻に相談しました。
すると、その奥さんが「型を紙に書くのはどう?」と教えてくれたんです。
彼女は自分で買った指輪をいつも右手の薬指につけており、お風呂に入る時には外していたので、それをこっそり拝借してリングの内側を紙になぞってお店に持って行きました。
右と左でサイズが違う可能性もあったので、一応直せることも確認しておきましたが、サイズはピッタリでした。
彼女が「なんでサイズ分かったの?」と聞いてきたので、「実は…」と正直に話したところ、僕のその心遣いにも喜んでくれていました。

彼女が外した指輪をこっそり持って行った

30代男性「りょう」さん
プロポーズ以前から、彼女と一緒に指輪を選んで贈ったことがあったため、サイズは9号だったとなんとなく覚えていました。
婚約指輪は私だけでコッソリ選んだので、念のため彼女が外していた指輪を持って行き、「このサイズでお願いします」と伝えて選びました。
彼女が以前より少し痩せていたせいか、指輪は若干緩めになってしまいました。

店員さんに相談した

40代男性「にらっくす55」さん
婚約指輪のサイズは事前に確認しませんでした。
指輪を買いに行った際、身長と体重を伝えよくあるサイズを教えて頂き、後でサイズ調整が可能な事を確認してからそれを購入しました。
実際渡した際は非常に喜んでくれたのですが、はめてみたらブカブカで思わず二人で笑ってしまいました。
後日、正式なサイズに調整して頂き事なきを得ました。

まとめ(結論)

今回は、既婚者男性に聞いた「プロポーズ前に彼女の指輪のサイズを知る方法」をご紹介しました。

  1. プロポーズ前にお揃いでリングを購入した
  2. デート中に確認しておいた
  3. 型を紙に書いた
  4. 彼女が外した指輪をこっそり持って行った
  5. 店員さんに相談した

3・4番は普段から彼女が指輪をつけている方でないとできない方法です。最後の「ブカブカで笑った」というのはほほえましいエピソードですが、笑えるかどうかは、彼女のキャラにもよりそうですね。

1・2番のように事前に確認しておくのが、一番理想的で確実ですね。プロポーズするなら、なるべく準備は計画的にしていきましょう。