女友達と付き合うきっかけ!女性が男性を好きになるのはどんな時?

「女友達と付き合いたい」と思っても、きっかけがなかなかありませんよね。そもそも友達としてしか見られていない可能性もありますので、「告白するのが怖い」という男性も多いと思います。

そこで今回は、男友達を好きになって付き合ったことがある女性に、その時の体験談を聞いてみました。

果たして、女性が男性を好きになる時には、どんなきっかけがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

女友達と付き合うきっかけ

優しさに惹かれた

40代女性「かえで」さん
専門学校時代の話ですが、1つ年下のサークル仲間でした。
共通の仲の良い友達がいて一緒に遊ぶようになりました。
始めのうちは何とも思っていなかったのですが、一緒に遊ぶうちに気がついたら好きになってました。
男の人なのに友達の悩みに真剣に対応してくれている姿や目立たないけれどみんなが嫌がる仕事も嫌な顔をする事なく働いている姿を見て優しい人何だなぁと思いました。
控えめでちょっと頼りない感じも可愛いなぁと思ってしまいました。
私から告白してOKしてもらえました。

頼もしさを感じた

30代女性「maki」さん
大学時代、アメリカに短期留学した時のグループにいた友人を好きになりました。
慣れない環境でみんなピリピリしていて、男同士で口論が始まった時に、彼が冷静に間に入って解決させました。
その姿を見て頼もしいと思い、帰国する時に「帰ってもまた会いたいな」と伝えると彼も喜んでくれ、しばらくして付き合うようになりました。

居心地が良かった

20代「トマト」さん
大学時代に男女4人でよく集まって遊んでいた中に、彼がいました。
大学を卒業後もたまに集まって遊んでいましたが、ある時、二人が仕事の都合でドタキャンし、彼と二人きりになってしまったことがあります。
その時は遊園地に行く予定で「せっかくだから」ということで二人で行く事にしました。
二人で遊ぶのは初めてだったので、正直、遊園地に行く車中で二人きりという空気に耐えられるかも不安でした。
しかし、実際は全然そんなことはなくて、気を使うこともなく居心地が良かったです。
「たぶんこれが好きってことなんだな」と思って、その時をきっかけに何度か私から彼を誘って遊び、私から告白をして付き合いました。
スポンサーリンク

相手に告白されてから意識するようになった

40代女性「はる」さん
大学生の頃、同じアルバイト仲間の男の子を好きになりました。
好きになったきっかけは、彼に告白されたからです。
それまでは、別に好きな人がいました。しかし、告白されてからその人このことばかり頭に合って、2人で遊びに行くことになりました。
彼にまだ好きだと言われて、結局付き合うことになりました。
男友達から彼氏になって、彼が急に頼もしく見えるようになりました。

同級生の大人になった姿を見た時

30代女性「のりまきチョコン」さん
高校卒業後、私は最寄りの駅から毎朝同じ電車で短大に通っていました。
そこで、中学時代の同級生に再会しました。
高校は別々だったのでまったく連絡をとっていませんでしたが、中学時代は席が近かったこともありとても仲のいい友人の一人でした。
それから毎朝一緒に通学するようになり、お互いの趣味の話や学校の話、将来の夢の話などをするうちに、大人になった彼を見て好きになりました。
通学以外でも遊ぶようになりドライブの最中に彼の方から告白されました。
彼も同じ気持ちだったことが嬉しくて私はその場でOKの返事をしました。

真剣に仕事をしている姿を見て

30代女性「のりの」さん
仲の良かった同期入社の男性を好きになった時があります。
彼とは入社後の研修で仲良くなって、当時は普通に明るくていい奴としか思っていませんでした。
研修後はお互い別の支店に配属されて離れましたが、その後もたまに同期で集まって飲んだりするような仲は続きました。
そして、入社してから4年ほど経って彼が私の働く支店に異動になり、その時初めて彼の真剣に働く姿を見て好きになってしまいました。
いつもはちょっと子供っぽいところもあったのに、仕事になるとカッコ良かったです。
異動がきっかけで二人で頻繁に会うようになり、私のほうから告白して付き合うことができました。

まとめ(結論)

今回は『女友達と付き合うきっかけ』として、女性が男友達を好きになった時の体験談をご紹介しました。

  • 優しさに惹かれた
  • 頼もしさを感じた
  • 居心地が良かった
  • 相手に告白されてから意識するようになった
  • 同級生の大人になった姿を見た時
  • 真剣に仕事をしている姿を見て

いつも通りではなかなか男性として意識してくれなくても、何か違った一面などを見せると、女性は意識しやすくなるようです。

付き合いたい女友達がいる方は、ぜひそういう機会を作って、普段は見せていない一面を見せられるように頑張ってみてくださいね。