女性に見つめられたときの男性心理について!好意は伝わるのか?

女性に見つめられたときの男性心理について!好意は伝わるのか?付き合う前の男性心理

気になる男性をつい見つめてしまうことってありますよね?

好意を伝えるために狙って視線を送っている方も多いでしょう。

しかし、その好意が男性に伝わっているかどうか判断するのは難しいと思います。

そこで今回は女性に見つめられたときの男性心理について聞いたアンケートの結果を紹介します。

女性に見つめられた男性は、相手の女性を意識するのでしょうか?

スポンサーリンク

女性に見つめられる時の男性心理

相手が自分を好きかもしれないと思う

女性に見つめられる時の男性心理の一つ目は『相手が自分を好きかもしれないと思う』です。

40代男性「KK」さん
見つめている相手の顔が、私の中で美人と判断したのであれば、自分のことが好きなのかもしれないと思って、そうでない場合は、何か用事なのかとか、私の顔に何かついているのでは、と考えてしまう。身勝手な思考をしてしまう。
40代男性「みかん」さん
女性に見つめられたときには相手が自分を好きなのかもしれないと思ってしまいますが、恋愛が得意な女性は逆にこの手を使い「私はあなたに興味がありますよ」と見せかけてこちらが仕掛けると、とんだお門違いだった事が多々ありましたので、私は疑いの気持ちをもってしまいがちです。

相手の女性を意識してしまう

女性に見つめられる時の男性心理の二つ目は『相手の女性を意識してしまう』です。

20代男性「カンパニー」さん
恋人関係でないのに見つめられてしまうと、自分に対して好意や興味のような良いイメージを持っているように感じてしまう。自分に対して、そういう風に好意を持たれてると感じたら嬉しく思うしこちらも意識してしまうところはあると思う。
30代男性「ギャンツ」さん
合コンなど何人かいる中で見つめられたら間違いなく気があるのかと思います。それ以降の時間はドキドキが止まらないと思います。今まで気になっていなかった女性でも見つめられたら意識して好きになると思いますし嫌な気はしません。
40代男性「きつね」さん
勘違いしやすいタイプなので。必要以上に長時間目が合ったりすると、意識してしまうと思います。が、基本的には何かが起こる事はないと思っているので。冷静に判断して普段通りの行動を行って、相手に接すると思います。
スポンサーリンク

照れてしまう

女性に見つめられる時の男性心理の三つ目は『照れてしまう』です。

30代男性「Y.F」さん
なぜ見られているのかわからない場合、女性と目が合っていたら、自分がどう対応して、どのような表情をしてよいのかわからなくなってしまうので、照れ笑いというかそうした行動をして、その状況を打破しようと考える。
30代男性「エノちゃん」さん
会社の後輩の女の子で、いつも目をみて話してくれる可愛いい子で!とにかく距離も近いし。ドキドキするし、そもそも女の子に対しての免疫があまりないのでどうしていいかわからない感情になってしまって毎回照れてしまっています!これからも会うたびに照れてしまいます!
30代男性「じゃっちゃん」さん
特にきれいな女性に限るが、見つめられたら、こちらが相手の顔を見るだけで、恥ずかしくなり、直視できない。でも内心はとても嬉しく、自分に興味、好感を持っているのかなと思い、もしかしたら良い雰囲気になるかもと期待してしまう。

緊張してしまう

女性に見つめられる時の男性心理の四つ目は『緊張してしまう』です。

20代男性「HD」さん
まず私は、基本的に目を合わせて喋るのが苦手です。男女問わず緊張しますが、異性なら尚更緊張します。「もしかして異性として意識されてる?」と思う気持ちがないこともないですが、女性の好意アピールで目を合わせて喋るなんて聞いたことありません。社交的な人なんだなと評価に落ち着き、目を合わせず談話します。
20代男性「グッキー」さん
自分に対して何が用があるのか、知り合いなのか、顔に何かついているのかなどある理由でこっちのことを見ていると思うので、その理由が何か気になって少し構えてしまう。また、女の人に見つめられても悪い気分にはならないので、不快には思わない。
30代男性「毎日イライラ」さん
付き合ってもいないのに急に自分を見つめてくるということは何かウラがあるのではないかという気持ちになってしまい、もしかしたら自分を利用して飲食など介して間接的にお金などが奪われてしまうのか、それとも個人的な情報とか本音とか心理とかをいろいろ訊いては盗んでしまうのではないかと緊張してしまうかもしれません。
スポンサーリンク

何か用事があるのかなと思う

女性に見つめられる時の男性心理の五つ目は『何か用事があるのかなと思う』です。

20代男性「赤コンニャク」さん
私自身、特に何もしていなければ特段、悪いようにもいいようにも思われない顔ではあるので、相手の顔次第ではありますが、とりあえず、何か私に対して何か用事があるのではないかと考えます。相手の顔が明らかに不機嫌に見える際は私に原因があるのかとも思い、その場を離れるようにします。
30代男性「ぺんた」さん
見られるということは何か思いがあるということだと思うので、自分が何か変なのか何かやってしまったかなと一番に感じてしまいます。この状態になると気になって仕方なく感じてしまいます。以前に似たようなことがあった時はこちらから聞いてしましました。
40代男性「Kazu-Tora」さん
女性の容姿にもよりますが、何もなくとも伝えたいことがあるのかと声をかけてしまうでしょう。女性が好みであれば、もしかしての展開も考えてしまうのが男性として当然です。何もなければそれで終わりですが、何かしらの発展が見られる可能性ある限りは進みます。とはいえ、大抵当たり障りのない会話で終わることが多いです。

怒っているのかと不安になる

女性に見つめられる時の男性心理の六つ目は『怒っているのかと不安になる』です。

20代男性「key」さん
付き合っていない女性が好きだから見つめるというのは少しでも考えにくいです。何か私に対して言いたいこと、文句等があるのかと考えてしまいます。私は高校は8割が女子の学校に行っていました。女子に見つめられた、或いは視線を感じる時は大抵の何か言いたいことがあるようでした。逆に好意を伝えてくる子は不自然に視線を逸らしているように感じました。
20代男性「心の雨小僧」さん
相手の表情が気になり、真顔であればこちらが何か悪いことをしたのか、それとも何か無自覚で相手の気分を害してしまっていて怒らせてしまったのではないかと不安になる。笑顔で見つめてくれるのであればこちらに好意があって何かをしようとしているのかと考える。
スポンサーリンク

特に何も思わない

女性に見つめられる時の男性心理の七つ目は『特に何も思わない』です。

30代男性「LB」さん
あまり下心もないので見つめられても特に何も思わないです。家族に妹もいるので、割と女性に対しての耐性もあるため、平常心でいることができます。自分に興味があれば話しかけますが、それ以外は特に何もありません。
スポンサーリンク

まとめ(結論)

今回は女性に見つめられたときの心理について、男性30名に聞いたアンケートの結果を紹介してきました。

  • 相手が自分を好きかもしれないと思う:2名
  • 相手の女性を意識してしまう:11名
  • 照れてしまう:6名
  • 緊張してしまう:4名
  • 何か用事があるのかなと思う:4名
  • 怒っているのかと不安になる:2名
  • 特に何も思わない:1名

3割以上の男性は『相手の女性を意識する』と答えており、『照れてしまう』も含めると半数以上が意識していると言えます。

気になる男性を見つめるときは、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました