恋愛相談をしてくる女友達の心理5つのパターン

女友達から恋愛相談をされると、正直ちょっと嬉しいですよね。自分に心を開いてくれている証拠とも思えますし、「これで仲良くなって俺のこと好きになってくれないかな」と期待してしまう方も多いと思います。

そこで今回は『恋愛相談をしてくる女友達の心理』を15名の女性に聞いてみました。

果たして、恋愛相談をしてくる女友達の心理とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

恋愛相談をしてくる女友達の心理

好きな人の友達だったから

30代女性「なお」さん
当時片思いしている男性がおり、男友達と恋愛について話をする機会がありました。
その達は私のな人と仲が良かったので、私に脈があるのか無いのか、少しでも情報が欲しかったため相談をしました。
しかし、男友達からは何も情報は得られませんでした。
好きな人とは何も進展はなく、片思いのままで終わりました。男友達とも、友達のままでした。

男性の意見や考えを知りたくて

女同士では気付かないことを教えてくれる

30代女性「りくRiku」さん
当時付き合っていた彼氏と仲の良かった男友達に、恋愛相談をしたことがあります。
元々その男友達とは仲が良かったので、お互いに色々な相談をしていた間柄でした。
彼氏とも友達なので一方的に意見が片寄らず、第三者の目線で冷静にアドバイスをしてくれたりフォローしてくれたりと、とても有り難い存在でした。
女同士では思い付かないことに気付かせてくれるので、やはり男性視点の助言は助かります。
その後も良い友達関係を続けています。

相談するうちに惹かれていった

20代女性「やかん」さん
当時の彼氏と別れそうになっている時に、男目線での意見が聞きたくてバイト先の男友達に相談しました。
連絡をとる機会も増えましたし、バイトの休憩がかぶるとよく話しました。
彼氏にはない考え方の持ち主で、とてもしっかりしているなと印象か良くなりました。
次第に男友達に惹かれていき、彼氏と別れてすぐに付き合いました。
スポンサーリンク

なんとなくその場のノリで

30代女性「のりの」さん
あまり自分から恋愛相談はしないタイプですが、お酒の席で恋愛話の延長線上でしたことがあります。
会社の飲み会で仲の良い男性の同僚と過去の恋愛話をしていた時に「なんで男ってこうなんだろう」みたいな感じです。
その男性は「いや~、俺はそんなことしないけどな」と答えて、ちょっとだけ「この人いいかも」と思ってしまいました。
ただし、相手は別に社内に彼女がいましたし、面倒は嫌なので、今も同僚として仲の良い関係を続けています。

なんとなく聞いてほしかっただけ

20代女性「まり」さん
私が、その時付き合っていた彼氏と別れたいと思っていたときのことです。
男友達とは、もともとその彼氏ができる前から知り合っており、当時大学生だった私達はバイト先が同じことから、私の周りで起こってることや思ってることはほとんど話している間柄でした。
むしろ、社会人の彼氏よりも会っていてコミュニケーションもとれていたと思います。
当然、別れたいことも話し、その場で別れ話を持ちかけるように促され、電話で彼氏に別れを告げました。
電話中も後も号泣でしたが、特に何も触れられずその後も男友達とはただの友達です。

本当はその男友達のことが好きだった

20代女性「ぴかりさ」さん
高校3年間、そして卒業してから5年間。ずっと幼馴染の彼のことが好きでした。
自分の想いに気が付いてくれたらいいなと思いながら、彼にどうしたら付き合えるだろう?なんて相手のことをぼかしながら相談をし続けていました。
彼は、お前なら大丈夫だから、振るやつなんていやしないよ、と言ってくれたからこそ、改めて告白したのを覚えています。結果はもちろん、お付き合いができました。
今までもずっと好きでしたが、これからをこうして隣で支えてくれる幼馴染の彼といれることが、何よりも幸せです。
あの時に言ってみてよかったと思いました。そんな彼と私ですが、将来は結婚しようねなんて話しています。

まとめ(結論)

今回は『恋愛相談をしてくる女友達の心理』について、15名の女性に聞いた結果をご紹介しました。

全てをご紹介することはできませんでしたが、15名中10名の女性が「男性の意見や考えを知りたくて」と答えていました。また、その後相談した相手と付き合ったのは、わずかに2名しかいませんでした。

ですから、恋愛相談をしてくる女友達の心理としては、相手の男友達に特別な感情を持っている可能性は低いと言えます。

仲の良い友達としての関係を続けたいなら、勘違いしないように気を付けましょう。

スポンサーリンク