彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理6選

彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理6選告白の男性心理

自分には彼氏がいるのにアプローチしてくる男性がいると、相手はどんな気持ちなのか気になりますよね。

そこで今回は彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理について、男性30名に聞いたアンケート結果を紹介します。

彼氏がいるのにアプローチしてくる男性は、どのような心理なのでしょうか?

スポンサーリンク

彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理6選

本気で付き合いたい

彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理の一つ目は『本気で付き合いたい』です。

20代男性「たいやん」さん
大学2年生の頃です。その子は下宿で大学に通っており、地元に彼氏がいました。同じ学部でかわいいなと思っていましたが、彼氏がいることも知っておりなかなか一歩を踏み出すことができませんでした。その子とは同じサークルでもあり、サークルが遅くなった日に、私が家まで送っていくことになりました。普段から仲良しで話す機会も多かったですが、二人きりになることはあまりなくとても緊張しました。私は「ここしかない!」と思い、思い切って告白しました。すると相手も私のことを好意的に思っており、無事付き合うことができました。その彼女は現在の妻です。
20代男性「ポン」さん
相手の女性との関係は同じ職場での同期で、ひとめぼれでした。相手が彼氏と別れようか悩んでいると風のうわさで聞いたので、自分と付き合わないかとアプローチしました。すぐに別かれることはできずに2股状態になっている期間もありましたが、今では特に問題なく仲の良い夫婦になっています
30代男性「TT」さん
彼氏のいる職場の同僚を好きになってしまい食事に誘いアプローチしました。彼女も彼氏との今後を悩んでいたタイミングだったようで受け入れてくれました。こちらは本気で彼女は悩みながらも秘密の関係は1年ほど続きました。最終的には長年付き合ってきた彼氏を見捨てられないとのことで関係を解消しました。今は良き同僚として接しています。
30代男性「ポリゴン」さん
相手女性との関係は友達の友達であり、見た目がタイプだったのでどうしても仲良くなりたいと思ったため紹介してもらった。紹介時点では彼氏がいることが分かっていたが、長年付き合っていたこともあり、マンネリ化していると言う情報も聞いていた。積極アプローチがはまったのか、知り合って数ヶ月後にその彼氏と別れて自分と付き合うようになった。それが今の妻です。
40代男性「Jump」さん
大学生の時の話です。仲の良い女友達に彼氏がいるのを知りながらアプローチしました。軽くかわされてばかりでした。やはり、彼氏がいる女性にはアプローチするのは難しいと実感しました。大学を卒業するまでは友達関係が続きました。大学卒業後は連絡がとれなくなりました。

二股でもいいから付き合いたい

彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理の二つ目は『二股でもいいから付き合いたい』です。

30代男性「pocotenco」さん
ある飲み会で隣の席で飲んでいたグループの中の1人が非常にタイプであり、声をかけ連絡先を聞きました。その後、食事に誘っている中で彼氏がいることを知りましたが、1度だけでも2人で食事をしたいと思い、猛アプローチをしました。すると、1度だけサシで飲んでくれると言われ、実際会うことが出来ました。サシ飲みでは、とても楽しい時間を過ごすことができ、意外にも彼女も楽しそうには見えました。しかし、その後私の不手際で、彼女の連絡先が消えてしまい、それっきりとなってしまいました…

振られてもいいから後悔したくない

彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理の三つ目は『振られてもいいから後悔したくない』です。

20代男性「うしうし」さん
相手は大学時代、同じ部活の女子マネージャーでした。ずっと仲良くしていて友達関係でしたが僕はずっと好きでした。相手にはずっと彼氏がいるのを知っており気持ちを隠していました。部活を引退するタイミングで部員全員で打ち上げをした帰り同じ方向で2人きりになりました。少し酔っていたこともあり電車で隣に座りなんとなくいい雰囲気になったなと思ったので電車の中で告白しました。その場ははぐらかされ落ち込みましたがその後向こうから会える?と言われ後日会うことになりました。そこでやっぱり考えたけど付き合えないと言われフラれました。それから半年ぐらいで別れたと聞いてもう一度アタックし付き合えました。
20代男性「かまぼこ」さん
今の彼女との馴れ初めになります。当時、彼女は別の男性とお付き合いしていました。しかし、関係が上手くいっておらず、仲が良かったので度々話を聞いていました。俺だったらこの子のこと絶対大事にできると信じ告白したらOKを貰い、付き合うことが出来ました。
30代男性「TT」さん
久しぶりに出会った地元が同じ女性のことを、彼氏がいるとは知っていつつ食事に何度か行っているうちに好きになってしまいました。気持ちが抑えられなくなり告白。OKはされないもの映画デートをしたりドライブデートをしていました。しかし、その彼氏というのが自分の知人であることが分かり、諦めました。最終的に諦めることになりましたが、気持ちを伝えたことに後悔はしていません。
30代男性「ねずみん」さん
小学校時代から仲良くしていた近所の同級生と大学時代に再会して、昔話などをするうちに、仲良くしていた当時を思い出し、恋に落ちました。そこから片思いのような時期が続き連絡は取り合うものの距離を縮められないまま、あっという間に3年がすぎ、お互い就職が決まって相手が地元に帰る事になりました。当時彼氏がいることも知っていましたが、このままだと次に進めないと思い、勝手ながら告白しました。結果はもちろん撃沈、相手からは呆れられながら「タイミングおかしいよね笑」と言われました。ただ、相手が寛容なこともあって、今でも笑い話にしてくれているのが唯一の救いです。
40代男性「Kazu-Tora」さん
仕事関係で知り合った女性で何度か仕事をし食事にも行くことがありました。話から彼氏がいることも知っていましたが、気になり想いを寄せるようになりプレゼントや話を良く聞くようにしてアピールしました。彼女は私の気持ちに気づいている様でしたが今までと変わらずのやり取りでしたので、チャンスありと思い告白するも撃沈でした。手のひらで遊ばれていたのかもしれません。
スポンサーリンク

関係をキープしておきたい

彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理の四つ目は『関係をキープしておきたい』です。

20代男性「すけぞー」さん
相手の女性は一個下の年齢で同じ職場の人です。彼氏がいることは知っていましたが見た目も好みで気が合うと思っていたのでいつか付き合えたらなという気持ちで仲良くなろうと思いました。彼女を含む複数人で飲み会をすることとなり、そこで隣同士になり会話が弾みます。連絡先も交換できました。すると後日彼女の方から飲みに行かないかと連絡があり舞い上がっていました。しかし恋愛感情はなく気軽に話せる友達だとはっきり言われてしまい、今では仲の良い友達です。
30代男性「Y.W」さん
大学を卒業したばかりのころ、音楽で知り合った、彼氏がいる女性に恋をしました。彼氏がいることは知っていましたが、その女性も私のことを好きだったらしく(実際のところはわかりませんが)2股のような状態でしたが、結果相手の彼氏が怒って私はやられるがままで、「え?あれ?」という感じで、不完全燃焼のまま2人の関係も自然消滅しました。

彼氏がいるのを知らなかった

彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理の五つ目は『彼氏がいるのを知らなかった』です。

30代男性「たっき」さん
彼氏がいるのならな強気にアピールは出なかったと思います。良い人であり、気が合うしフリーだと思ったから声をかけました。後で他の人から彼氏がいるとしってからは、さすがに身を引きました。でもその人とはその後も会社の仲間としては良い仲のままです。
30代男性「よるたび」さん
20代前半の頃の話です。 相手は当時通っていた美容院に働いていたアシスタントの女性でした。 シャンプーの時に何回かやってもらい、その際に2人だけの空間で、髪ではなく、容姿を褒めてくれることが何回かあったため、思い切って連絡先を聞いて、交換しました。その後食事に誘いました。最初のデートの時に、相手には長く付き合っている彼氏がいることを聞かされました。 デート自体がとても楽しかったこと、その女性が自分のタイプだったこともあって、彼氏がいても構わないからこれからも会ってほしいと言いました。その後も何度も会いましたが略奪するまでには至らず、中途半端な関係に私の方が辛くなり、会うことをやめました。会った当初は全然いいのですが、時間が経っていくと、辛くなっていくなあという経験です。
40代男性「ひろぽん」さん
以前2年ほど歯医者に通っていたことがありました。ずっとタイプだなと思っていましたが、失敗すると治療にも行きにくくなるので心にとどめておき、行った時は毎回軽く話す程度でした。そしていよいよ最後の日覚悟を決めて連絡先を聞いたところ教えてはくれたのですが、いざ電話してみると彼氏がいることが判明。諦めかけましたがそこまでうまくいってなさそうな雰囲気を察知し数回食事に行きました。相手方は浮気のようなものですが…。もう失敗しても失うものはないので気持ちを伝えたところOKをもらえました。その後元カレからの連絡はあったようですが数年付き合いました。
40代男性「ポンバンワ」さん
普通に彼氏がいるのを知らずにアプローチをかけたことがありますが、最初は知らなかったからこそ突っ込んだ会話ができたのですが、彼氏がいるということがわかってからはあまり深いところまで話すことができなくなり、とても悲しかったです。

下心でワンチャン狙い

彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理の六つ目は『下心でワンチャン狙い』です。

30代男性「匿名希望」さん
学生のサークルの女性でしたがとてもかわいらしくて気に入ってましたが彼氏がいるということを知っていました。しかし彼氏と喧嘩したらしく、その内容が、別の女をバイクの後ろに乗せてデートに行ったという結構ディープな内容だったので下心でワンチャン狙いたいと思いましたが、ただの喧嘩だったようで、その後は仲良くなったみたいです。うまくはいきませんでした。
40代男性「シュン」さん
大学時代の女友達から誘われて日帰り旅行に行きました。(たまたま僕が土地勘があったので)旅行先で女友達が最近彼氏と上手くいっていないという相談をしてきたので、これは僕から誘えばワンチャンあるかもと思ってその場では紳士的に相談に乗った後、旅行後に告白しました。結果はNOで本当に純粋な恋愛相談だっただけでした。勝手に勘違いして言い寄った形になり恥ずかしいので女友達とは逆に疎遠になってしまいました。
スポンサーリンク

彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理【まとめ】

今回は彼氏がいるのにアプローチしてくる男性心理について、男性30名に聞いたアンケート結果を紹介してきました。

  • 本気で付き合いたい:9名
  • 二股でもいいから付き合いたい:2名
  • 振られてもいいから後悔したくない:9名
  • 関係をキープしておきたい:3名
  • 彼氏がいるのを知らなかった:4名
  • 下心でワンチャン狙い:3名

彼氏がいるのにアプローチしてくる男性の気持ちを知りたいときは、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

告白の男性心理
スポンサーリンク
脈あり白書|脈あり男性のサイン・心理を研究するメディア
タイトルとURLをコピーしました