お金持ちと結婚したのに後悔している女性たちのエピソード9選

「結婚するならお金持ち」と考えている女性は多いと思います。しかし、世の中お金が全てではありませんので「あとで後悔してしまわないかな」と不安に感じてしまう方もいるでしょう。

そこで今回は『お金持ちと結婚したのに後悔している女性たちのエピソード』を9つご紹介します。

夢の玉の輿に乗ったはずの女性たちは、なぜ結婚後に後悔しているのでしょうか?

スポンサーリンク

お金持ちと結婚したのに後悔している女性たちのエピソード

旦那の浮気がヒドイ

30代男性「ケント」さん
大学の友人が大金持ちと結婚しました。年収は億を超える会社経営者が相手だったのですが、合コンで知り合ったようです。
その経営者に六本木の家に招待してもらったのですが、ベンツやポルシェがあったのを覚えてます。
しかし、友人は今結婚したのを後悔してます。どうやら相手の浮気が酷く、何人も外に女の子を作って散財するようです。
もっと相手を選べば良かったとぼやいてました。

DV夫だった

20代女性「みくろ」さん
小学校の友人と21歳の時再会して聞いた話です。彼女が20歳の時、15歳年上の35歳の男性と結婚しました。
その男性との出会いはネット掲示板でしたが、彼の父親が某有名企業の社長ということもあり、お金に目が眩んで電撃結婚しました。
しかし、彼女と旦那さんの間には価値観の不一致が絶えず、やがて旦那さんがDVを始めるようになったのです。
それでもなんとか耐え続けて主婦をしているようです。

子供の面倒も見てくれない

20代女性「らら」さん
年収1000万程稼いでいる男性と結婚した友人です。
合コンで知り合い、意気投合して結婚して子供が産まれたのですが、旦那さんは接待という名目の夜遊びばかりで家に帰らず、浮気を繰り返しています。
子供の面倒も全く見ないで、ギャンブルなど好きなことばかりしているようです。
お金はあるけど、旦那さんの遊びに消えていってしまう、こんなはずじゃなかったと後悔しているようです。

夫婦としての時間がない

20代男性「ヒロシ」さん
私の同級生の女性は、父親の不動産業を初めとしたいくつかの事業を受け継いだお金持ちと結婚しました。年収としては5000万円以上あると思います。
その男性が出入りしている会社の事務員をしていた同級生に一目惚れして結婚までこぎ着けたと聞いています。
ただ、結婚生活はどうも上手くいっていないようです。相手の男性は女遊びやお酒は当たり前で、しかも仕事付き合いが多いため、夫婦として一緒にいられる時間がほとんどないそうです。
本人は「夫婦という感じがしないし、何のために一緒にいるのか分からない。でも、今の生活を辞める勇気はない」と語っており、完全に飼い殺しの状態になっています。
たぶん、一生お金には困らないのでしょうが、何だか可哀想な気がしてきます。
スポンサーリンク

相手の両親のプライドが高い

30代女性「マキ」さん
年収1500万円以上ある開業医と仕事上の付き合いで出会って結婚した友人ですが、代々医者の家計なのでご両親のプライドが異様に高く後悔していました。
「子供が産まれたら絶対医学部に入れないと」「あなたの実家はサラリーマンなんて、恥ずかしくて周りに言えない」など強烈なプレッシャーがあり、毎日胃が痛いとこぼしていました。

相手の両親からのパワハラ

30代女性「金田」さん
私の大学時代の友人A子は、芦屋の高級住宅地で400坪の豪邸を構える成り上がりの2代目と結婚しました。
私も参加していた合コンで意気投合して付き合い始め結婚したから、正直悔しかったです。
しかし両親がかなりキツイらしく、あれしろこれしろとパワハラまがいの強要をするそうです。
まだ子供もできないことも散々嫌みを言われ、ほとほと疲れ果てたと嘆いています。

結婚したらケチになった

40代男性「アイスクリーム」さん
知人女性と結婚した男性は医者です。親が開業した病院を継いでおり、いつも混んでいることで有名で忙しく年収は1200万円と言っていました。
出会いは男性が医者限定の婚活パーティーで知り合い結婚しました。
その男性は付き合っている時はお金をかなり使いブランド品のカバンなどをプレゼントしたり、頻繁に旅行へ連れて行ったりしたので、結婚後も優雅に暮らせると思っていました。
しかし結婚したらお金があるにもかかわらず使わないケチな生活をしており、自由にお金が使えないと愚痴を言っていました。
これなら年収がもう少し低くてもいいから楽しく過ごしたいと後悔していました。

開業医になって大変

30代女性「きな」さん
開業医さんと結婚した看護師の友人の話です。大きな病院で医師と看護師として出会い、四年後に旦那さんの開業と共に結婚しました。
「院長夫人?」と本人は喜んでいましたが、看護師としての手伝い、事務作業など軌道にのるまでは大変そうです。
母子家庭だったらしく、結婚と裕福な暮らしに夢があったみたいですが、お金の管理も旦那さんがされていて「こんなはずじゃなかったのに」と後悔しています。

旦那が極度のマザコン

40代男性「淹れたてコーヒー」さん
私の知人女性に、食品会社社長の御子息で専務取締役を務めている男性と結婚した女性がいます。完全な玉の輿ですね。
当時、別な普通の男性とお付き合いしていましたが、その食品会社の取引先会社の受付をしていた彼女は、たまたま来社した時に御子息にすっかり気に入られ、お見合いし結婚する事になりました。
お付き合いしていた年収300万の男性には気の毒ですが、年収3000万の御子息には勝てません。
すっかりセレブ気分の彼女でしたが、その御子息は極度のマザコンで寝る時は母親と寝るんだそうな。そして、休みは母親とデート・・彼女は家でポツーン。
玉の輿に乗りお金には苦労しませんが、自分の妻として女としての意味がわからないと悔いていました。
一方お付き合いしていた男性は同窓会で再会した女性と結婚し、子供ももうけ幸せな家庭を築いているようです。
世の中お金が全てではないようですね。

まとめ(結論)

今回は『お金持ちと結婚したのに後悔している女性たちのエピソード』をご紹介しました。色々と理由はありましたが、特に多かったのがこの3つです。

  • 旦那の女性問題
  • 自由に使えるお金が少ない
  • 両親に問題あり

「結婚してから変わった」というエピソードも多かったので、結婚前に判断できない部分もあるとは思います。

しかし『お金目的で結婚すれば、このようになってしまうかも』という反面教師として、これから出会う男性は、しっかり見極めてくださいね。