カップルの同棲にオススメの部屋数は?経験者に理想の間取りを聞いてみた!

これから同棲しようと考えている方は、部屋の間取りに悩みますよね。ラブラブな二人なら「節約のためにも狭くてもいいんじゃない」と話し合っているカップルも多いと思います。

そこで今回は、同棲経験者15名の方たちに、理想の部屋数・間取りについて聞いてみました。

同棲するカップルには何部屋あるのが理想なのでしょうか?

スポンサーリンク

【補足解説】

  • K:キッチン
  • DK:ダイニングキッチン(食卓を置けるくらいの広めのキッチン)
  • LDK:リビングダイニングキッチン(リビングと一体型のダイニングキッチン)
  • 数字:キッチン以外の部屋の数

カップルの同棲にオススメの部屋数

理想は1LDK

部屋が余ってしまった

30代男性「りょう」さん(借りていた部屋:2LDK)
同棲にあたって、2LDKの借家を借りました。
最後まで中央に玄関と廊下があり、片方がLDK+寝室、もう片方に洗面・バス+居室と分断されていたので、一部屋完全に余らせてしまいました。
立地と築浅な点を気に入って、衝動的に決めてしまいましたが、間取りまでしっかり考慮すれば良かったと思います。

何をする時も彼女が隣にいる

30代男性「んだ」さん(借りていた部屋:1R)
家賃を安く抑えようと、1Rの部屋にしました。お互い好きなんだし狭くても大丈夫だよね。 それは最初だけでした。
狭い分、収納も少なく彼女の荷物だけでほとんどを埋めてしまう状況に。 また、何する時もすぐ隣にいるのでプライバシーも無い状況。
次第に家帰るのを遅くしたり、家の中にいる時間を減らすようにしてました。少しして引っ越しました。

メイクや着替えは別の部屋でしたかった

30代女性「マキ」さん(借りていた部屋:1K)
2人で住めれば狭くても大丈夫だと思っていましたが、1Kだと1人になれる時間が全くありません。
また、料理中以外は寝るのも食べるのも同じ部屋。結婚を前提の同棲だったとはいえ、最低限メイクや着替えは違う部屋でしたかったです。
若い頃の予算を考えても、最低限1LDKがよかったと思っています。

理想は2K(2DK)

狭すぎて仲が悪くなってしまった

30代男性「山原」さん(借りていた部屋:1R)
私達は当時20歳のフリーターだったので、とにかくお金がなく6畳一間のワンルームマンションに住み始めました。
しかしあまりにも部屋が狭すぎ服の置き場がなく私の方が出て行きました。
初めから2DKにすれば一人一間使えたので問題なかったと思います。狭すぎると、返って仲が悪くなりました。

どちらかが病気になるともう一人も感染する

30代女性「きな」さん(借りていた部屋:1DK)
1DKの部屋を借りましたが、お互いに「失敗したな」と感じました。
なぜなら、喧嘩して顔も見たくない!となっても一緒に同じ部屋にいるか、どちらかが狭いダイニングキッチンに行くしかないからです。
喧嘩もですが、もっと困ったのが病気の時です。ゆっくり寝れませんし、元気な方も感染したりで大変でした。
狭くても、それぞれの部屋が確保できる2DK以上を同棲カップルにオススメします。
スポンサーリンク

大好きな彼氏でも、時には一人で過ごしたい

30代女性「みかのすけ」さん(借りていた部屋:1DK)
1DKというのは1人きりになれる時間がないです。全くです。
喧嘩した時など特にストレスです。逃げ道がありません。息も詰まります。
よって、やはり2DK以上が良いと思います。やはり1人ずつ自分好み、かつ自由になる部屋は必要です。
大好きな彼氏といても、時々は一人で過ごしたいときだって絶対あります。

理想は2LDK

それぞれ自分の部屋があったほうがいい

20代女性「AU88」さん(借りていた部屋:1LDK)
都市部に住んでいたことから大きな部屋を借りるとなると、それなりの金額が必要でした。
二人とも新社会人であまり貯金がなく、同棲をするにしても小さな部屋しか借りることができませんでした。
1LDKだと個人の空間や時間を確保することができず正直辛かったです。
2LDKあればそれぞれ自分の部屋を持つことができるので、金銭的に余裕のある人は大きめの部屋を借りることをお勧めします。

リビングと寝室以外にもう一部屋欲しい

20代女性「ありんこ」さん(借りていた部屋:1LDK)
1LDKの部屋を選んだのですが、2人分の家具や荷物が入るので、生活スペースが狭くなったのが失敗したと思った理由です。
やはり同棲するのであれば、2LDKの広さは欲しいなぁと思いました。
1部屋は寝室専用になるので、 リビングとは別に部屋があった方が良いと思います。

不動産屋の言うことを鵜呑みにしてしまった

20代男性「わと」さん(借りていた部屋:1LDK)
当時、不動産屋さんに「始めて同棲をするのであれば1LDKで十分ですよ。」と言われたので、鵜呑みにしていざ住んでみると、荷物を置いたらめちゃくちゃ狭くなってしまいました。
元々は2LDKに住んで、広々と落ち着いて住みたかったので、とても後悔しています。

喧嘩をしても同じ部屋

20代女性「たえ」さん(借りていた部屋:1LDK)
同棲した当時は1つ寝室があれば充分だと思っていましたが、そのうち一人になりたいと思うことが増えるようになりました。
喧嘩をしても同じ部屋というのが息苦しいですし、1人でのびのび部屋で過ごせないことにストレスを感じるようになりました。
いくら好きな人とでも自分のスペースや時間は大切だと思うので、次に同棲するなら2LDKを選ぶと思います。

もう一部屋あれば友達が来た時もゆっくりできる

20代女性「もちち」さん(借りていた部屋:1LDK)
1LDKだと個々の部屋が作れません。ひとりになりたい気分の時でも、同じ部屋になってしまいます。
友達が来てもゆっくり話せる部屋がありませんでした。もうひとつ部屋があると、便利だなと思いました。
なので次同棲する時は、2LDKが希望です。その方が長続きもしそうな気がします。

まとめ(結論)

今回は、同棲するカップルにおすすめの部屋数について、同棲経験者の方たちの意見をご紹介しました。全部で15名に聞いた『理想の間取り』がこちらです。

  • 1LDK:3名
  • 2K(2DK):3名
  • 2LDK:9名

「もう少し狭くても良かった」と答えたのは15名中1名のみで、他の方たちは全員「もう一部屋欲しかった」と答えていました。1Rや1Kに住んでいた方たちは1LDKや2K(2DK)を、1LDKに住んでいた方たちは2LDKのほうが良かったと感じているようです。

ですから、カップルで同棲するなら最低でも1LDK、できれば2LDKの部屋に住むのが理想と言えるでしょう。