同棲して別れた後、家や荷物はどうした?そのまま同居もアリなの?

同棲している相手と別れる時は、家や荷物をどうするか悩みますよね。 元々一人暮らしのところに一緒に住んだなら話は早いですが、二人で部屋を借りて同棲している場合は、どちらが住み続けるかで揉めてしまうカップルも多いと思います。

そこで今回は、二人で部屋を借りて同棲していた経験のある方たちに「別れた後に家や荷物をどうしたか?」を聞いてみました。

世間では別れてもそのまま同居するカップルもいるようですが…?

スポンサーリンク

同棲して別れた後、家や荷物はどうした?

男性が住み続けた

彼女が出ていってしまった

30代男性「マサシール」さん
32歳の時、大学時代の同級生だった女友達と付き合い始めましたが、同棲を始めて1週間で彼女が出て行ってしまいました。
私のほうは公共系や金融機関などの住所変更すべて完了していたので、私だけがその後約2年間住み続けました。
彼女の荷物はすべて彼女自身の車で実家に持ち帰りました。家電は冷蔵庫のみ彼女が提供してくれたので、後日冷蔵庫を彼女の実家に宅配便で送りました。
引越しにかかる礼金や敷金など初期費用はすべて私が払ったし、家電も冷蔵庫以外は全て私のものだったので、特に別れる際にお金では揉めませんでした。

荷物は親に手伝ってもらって運んだ

30代女性「ゆめめめ」さん
同棲半年で別れてしまい、私が出て行ってしまったので、彼がしばらくその部屋に住み続けました。
私の荷物は、彼が仕事でいない時に自分の車で親に手伝ってもらいながら運びました。
私は実家に戻るつもりだったし、家具はほとんど彼が買ったものだったのですべて彼の住む部屋に置いてきました。
お金で揉めることはありませんでした。

「別れてもここに住めば?」と説得してみたけど…

40代男性「とも」さん
社会人3年目ぐらいの頃に、東京の40平米の1LDKに彼女と住んでいました。
お互い別のアパートに住んでいたのですが、付き合ってしばらく経ったころに「一緒に住みたいね」といって、インターネットで探して引っ越した部屋です。
2年ぐらい一緒に住んだのですが、彼女が「他に好きな人ができたから別れたい」というので別れることになりました。
「別れてもここに住めば?」 と説得したのですが、そういうわけにもいかないようで、もともと家賃は私が、生活費を彼女が払っていたので、部屋からは彼女が出て行くことになりました。
彼女の荷物はそれほどなくて、服と本ぐらいだったので、レンタカーで彼女が新しく借りた部屋まで運びました。
一緒に住み始めた時にオーブンや掃除機などの家電を持ってきてくれたのですが、別に必要ないということで持って行きませんでした。
そんなわけで、どの家具が誰のものか、とか、お金などで揉めるようなことはなかったです。

女性が住み続けた

シングルマザーだから

30代女性「けいちゃりん」さん
シングルマザーなので彼が出ていきました。
家電は彼のだったので、実家に戻るくせに全て持っていきました。
私が仕事行ってる間に運んだみたいだったので、多分彼の友達とトラックで運んだと思います。
後日連絡が来て光熱費の折半を求めてきたので呆れました。
元々ケチケチした性格だったのでらしいと言えばらしいですが。なので折半で払いました。
スポンサーリンク

彼が浮気して出ていった

20代女性「なのは」さん
大学生の頃付き合い始めた彼と、就職によって上京すると共に同棲を始めました。
お互い貯金もなく、部屋を借りる資金も少なかった為、借りたのはアパートタイプのシェアハウスでした。
しかし一年程で彼の浮気が発覚し、そのまま別れる事となりました。
彼が部屋を出て行くと言い出し、入居時折半して購入した家具、家電類はほぼそのままの状態で残して行ってくれました。
別れる理由が彼の浮気だった事により、彼自身責任を感じていたからか特に揉めたりなども無く、むしろ呆気ないほどすんなりと全てが終わりました。
別れてから1ヶ月ほどは残った彼の細かい荷物をどうするかなどの連絡を取っていましたが、いつの間にかそれも無くなっていました。
寂しくて荷物の話を理由に連絡を取ろうとしたこともありましたが、彼からの返事は無く、ほどなく私も引越しを決めました。

名義を変えるのが大変だった

20代女性「ぴこけ」さん
元々同じ職場で働いていた彼と私。彼が年度途中に鬱病になり、休職をせざるを得なくなりました。
次年度は2人でその職場を辞め、それぞれ違う職場で働くことになったのをきっかけに、同棲することに。
しかし、仕事が忙しい中で、鬱病の彼を支えていくことが私の負担になってしまい、結局別れることに。彼は父親の車で荷物を運び、実家に帰って行きました。
別れた後、私は今だにその家に住んでいます。お金関係でもめることはありませんでしたが、彼の名義で色々と手続きをしていたので、私の名義に変えるだけで結構な額がかかるので、大変でした。

二人とも出た

部屋をどうするかで揉めた

20代女性「mahomero」さん
わたしが二人で借りた部屋で同棲していた相手と別れたときは、二人ともその部屋を出ました。
家賃は折半にしていたので、そうするしかありませんでした。
荷物はお互い友人に手伝ってもらって、それぞれの友人の車で運び出しました。
別れるときは、部屋をどうするかで揉めましたが、家具や家電、お金のことでは揉めませんでした。

それぞれ別の部屋を借りた

30代女性「あーりん」さん
別れて同棲を解消した時、その部屋は解約し、それぞれ別の部屋を借りました。
荷物は同棲する時の持ち寄りが多かったので、元の持ち主に戻し、新たに買ったものは売りました。
引っ越しは親や知人に頼むと気まずいので、それぞれ引っ越し業者に頼みました。
話し合いをするのが嫌だったので、むしろ揉めることはなく同棲は終わりました。

まとめ(結論)

今回は『同棲して別れた後の家や荷物』についての体験談をご紹介しました。全部で15名に聞いてみた結果がこちらです。

  • 男性が住み続けた:6名
  • 女性が住み続けた:5名
  • 二人とも出た:4名

今回聞いた中では、そのまま同居していたカップルはいませんでした。やはり別れてからも一緒に住むのは稀なようです。

どちらかと言えば男性が住み続けたパターンが多かったですが、特に「男性だから」というのは理由にはなっていません。名義やお金を支払っていた方、その時のお互いの立場、別れる原因によっても異なるようです。また、どちらかが住み続けた場合は話し合いをしたというよりも、どちらかが出ていったというパターンも多かったです。

ですから「どちらが住むか?」で揉めそうな時は、お互いに出るという選択肢を考えてみても良いかもしれませんね。