取引先の一目惚れした方にアプローチした結果!連絡先は交換できた?

社会人になって仕事で色んな方と関わるようになると、取引先の方に一目惚れしてしまうこともありますよね。しかし、いざデートに誘うにも、なかなか誘うタイミングがないという方も多いと思います。

そこで今回は、取引先の一目惚れした人に、アプローチした経験のある方たちに、その時のエピソードを聞いてみました。

果たして、連絡先はどのタイミングで交換したのでしょうか?

スポンサーリンク

取引先の人に一目惚れしてアプローチした結果

付き合えた

たまたま外で会った時に連絡先を交換した

30代女性「りょうこ」さん
私が以前勤めていた歯科医院に来ていた歯科材料屋さんの営業マンの方でした。
仕事を終えて帰る時にたまたま歯科医院の外で会ったので、私から電話番号を渡しました。
1年ぐらい友人関係でしたが、最終的にはお付き合いするようになり、今はお付き合いを始めて4ヶ月経ちました。
今はもうそこの職場には勤めていないので、上司やスタッフはお付き合いしてる事は知りません。

昼食時に連絡先を交換

20代女性「yuichang」さん
印刷機器や機械類のメンテナンスのために会社によく出入りしている業者の方に一目惚れして、自分からアプローチしたことがあります。
わたしも会社の中では機械類に詳しい方だったので、会社側の責任者としていろいろ相談に乗ってもらったりしているうちに一目惚れしてしまいました。
ちょうど昼食を挟むというスケジュールだったので一緒に食事しに行き、そこで自然な感じで連絡先を交換しました。
その後、いい感じになり付き合うことができましたが、会社には内緒にしていました。察しのいい同僚にはバレてしまいましたが…。

打ち合わせを兼ねた飲み会で

20代男性「あんどりゅー」さん
お世話になっている会計事務所の事務スタッフの方に一目惚れしてしまいました。
会計士との打ち合わせに行った時に一目惚れをしたのですが、もちろん最初は取引先なので何も行動が出来ませんでした。
ですが、その後会計士の方と仲良くなり、一度打ち合わせ後に飲みに行く事になり、そこに意中の女性にたまたまご一緒する事になりました。
最初はどうしようか悩みながら飲んでいたのですが、会話が盛り上がって連絡先を交換・後日デートを2回した後にお付き合いする事になりました。
幸い自社からも会計事務所からも何も言われず、順調にお付き合いを続ける事が出来ています。

手紙を渡した

40代男性「まきさん」さん
取引先の発注担当者の女性に一目惚れして、アプローチしました。
発注の電話は毎日するのですが用件だけでなく、少しずつ短時間ですがプライベートの話をする様にして、距離を縮めていきました。
彼女の会社に週1回で行く時には、建て前では皆さんにという事にしましたが、彼女にケーキ等のお土産を必ず持って行きました。
1ヶ月後にいつも通りケーキを渡すのと一緒に、僕個人の連絡先と今度飲みに行きましょうと誘う手紙を渡しました。
その日の夜、彼女から連絡があり数日後一緒に飲みに行きました。それから何回かデートを重ね、付き合う事になりました。
付き合っている事は、お互いの職場には内緒にしていたので、上司や同僚に何も言われる事はありませんでした。
その後別れてしまいましたが、特にぎくしゃくする事もなく、今でも仕事上での付き合いは続いていますし、友達関係は続いています。
スポンサーリンク

デートはできた

店長が協力してくれた

30代女性「みかのすけ」さん
某チェーンの販売店でバイト研修していた時に、回ってくる本部の方です。
顔がバッチリ好みでどうにかして連絡先を、と思っていたところ、店長が恋愛に理解ある人で連絡先を伺いました。
メールの内容は「突然すみません。いつもお世話になっております。今度ご飯でも一緒に行ってもらえませんか」という内容だったと思います。
忙しい方のようでしたが『一緒に食事に行きましょう』と2人で土曜の夜に飲みに行きました。
その後隔週金曜に必ず会う仲になり。お互い彼氏彼女はいたので、付き合ってはいないのですが、ちょっとのドキドキが楽しかったです。
お互いの相手にも職場の方にも、ばれてなかったと思います。

メールのやり取りはできた

連絡先を書いたメモを渡した

30代女性「さくら」さん
私の職場に定期的に機械メンテナンスに来ていた業者さんに一目惚れしました。私好みの童顔で優しそうな雰囲気に惹かれました。
冬のものすごく寒い日にその人がメンテナンスに来ていたので、「お疲れさまです」と温かい缶コーヒーと一緒にメールアドレスを書いたメモを渡しました。
メールのやり取りはしましたが、彼には彼女がいたようで付き合うことはありませんでした。
私が好意を抱いていることに気付いていたのかは分かりませんが、上司にはよく「二人はお似合いだ」と冷やかされたものでした。

上司が協力してくれた

30代女性「ねこねこ」さん
薬局で働いている時の、営業で来ていた方に一目惚れしました。
でも私は受付業務でしたので、接点を持つことがなかなか出来ませんでした。
そんな時に、大人数の飲み会が開催される事になり、職場の上司が協力してくれ、連絡先を交換する事が出来ました。
こちらから連絡したり、誘ったりしましたが、あちらからすれば私は取引先の人間の為、一線を引かれてしまい、やんわりとお断りされてしまいました。
その後職場の人は上司を始めとして、ほとんどの人が知っていたので、その方が営業でくる時は気まずかったです。
取引先の人とは上手くいけばいいですけど、いかなかった時、その後が嫌でした。

退職する時にこっそり聞いた

20代女性「グリコロ」さん
納品先の方でした。その方に色々教わることもあり、仕事場関わりがありました。
関わりがある以上、下手に手を出せなかったので、退職する時にこっそり連絡先を聞きました。
仕事を辞め、プライベートで連絡をやりとりするようになりました。しかし、付き合うことはできませんでした。
こっそり連絡先を聞いたので、職場の方にはバレていません。

音沙汰なし

相手のポケットに入れた

30代女性「ミオ」さん
私が美容師で働いていたお店の材料を仕入れていた業者さんの配送担当の方でした。
店の先生、スタッフにバレないようポケットに私の名刺の裏に電話番号とSNSのIDを書いたものをしのばせました。
連絡も来なくイライラしていたとき、お店の先生が業者さんの開く講習会の講師をするのでアシスタントとして行ったとき、その会社の部長に探りを入れたら、彼は即婚者でした。
店の先生にはバレませんでしたが、その部長には気づかれましたが、なにもお咎めはなかったです。

まとめ(結論)

今回は、取引先の一目惚れした人に、アプローチした経験のある方たちの体験談をご紹介しました。全部で15名に聞いてみた結果がこちらです。

  • 付き合えた:7名
  • デートはできた:3名
  • メールのやり取りはできた:4名
  • 音沙汰なし:1名

付き合えた方が7名もいるという事で、社会人にとっては取引先の方との出会いも大事になりそうですね。

また、紹介していない中には『付き合ったのがバレて怒られた』というエピソードもありましたが、逆に上司や同僚が協力してくれたというエピソードも多かったです。

一人じゃ行動を起こせない方は、まずは周りを巻き込んで、飲み会などを企画してみてはいかがでしょうか?