お金持ちはデート代を出してくれる?年収1000万円以上の男性とのデート体験談

最近のカップルは割り勘も多いようですが、相手がお金持ちとなれば話は別。「お金持ちの方とデートしたら、やっぱり奢ってくれるんだろうな」と期待する女性は多いと思います。

そこで今回は、年収1000万円以上の男性とデートした経験がある女性に、その時の体験談を聞いてみました。

「どこで出会って、どんなデートをしたのか?」についても教えてもらいましたので、合わせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

お金持ちはデート代を出してくれる?

全部奢ってくれた

意外にデートはオーソドックス

30代女性「ほの」さん
相手の方は、婚活パーティーで知り合った、IT企業に勤めている方でした。
仕事が休みの日に長野駅の近くにあるホテルでお昼ご飯を一緒に食べたり、映画に行ったりするなどの、オーソドックスなデートばかりをしていて、デート代は相手の方がすべて出してくれていました。
ですが、結局色々と話が合わない部分が出てきてしまって、喧嘩別れしてしまいました。でも、今でもいい思い出です。

新卒にしては豪華

20代女性「ちゃんゆい」さん
これほど高収入の方と付き合ったのはほかにありません。
相手は地元では有名な会社の社長の息子で、ゆくゆくは会社を継ぐことが決まっていました。
もともと小学校の同級生だったのでお互いのことは知っていましたが、中高は別の学校で、付き合うようになったのはたまたま大学で再会して話すようになったことです。そのまま社会人になってもしばらく付き合っていました。
大学生の頃のデートは普通でしたが、社会人になってからは、たまに高級なレストランに連れていってもらったり、彼の車(外車でした)で少し遠出したり…。新卒にしては豪華だったような気がします。
お金もほぼ相手が払ってくれていました。その後、お互いの生活スケジュールが合わなくなり、自然と別れました。

気疲れした

30代女性「MM」さん
IT企業を自分で立ち上げた方で社長でした。出会いは友達に紹介されたことがきっかけでした。
デートは食事に行く程度でホテルでのディナーなどでした。デート代はもちろん相手の奢りでした。
経済面を考え付き合うことも考えましたが、一緒にいてすごく気をつかうし、正直デートの後は気疲れしていました。
そういうのが原因になり付き合いませんでした。

会うたびに電車代5000円

30代女性「みかりん」さん
友達の紹介で知り合った、ドバイで会社を経営しているアメリカ人の方とデートをした時期がありました。
六本木のマンションに住んでおり、国内外を行き来する人でした。デート代は、すべてあちら持ちでしたし、出そうとしても頑なに拒否されました。
電車代といって、一回会うたびに5000円もらっていました。ただ、友達以上恋人未満の関係のまま疎遠になりました。

海外にも連れて行ってくれた

20代女性「あかり」さん
大学生のときに旅行業を営む男性とデートしたことあります。私が海外旅行へ行くときにお世話になったのがきっかけです。
彼は社長で海外在住なので忙しく、なかなか時間が合わなくて普通のデートはできませんでしたが、彼が仕事で色んな国へ行く時に一緒に連れていってもらってました。
その時は食事代はもちろん、飛行機代や滞在費も全部彼が出してくれました。
大学卒業後も何年かは連絡をとってましたが、私がお金に困らなくなると同時に自然消滅しました。
スポンサーリンク

自分の金銭感覚もおかしくなった

30代女性「らやまん」さん
大学院生だった頃に2年ほど医者とお付き合いしました。バイト先のゴルフ場で出会い意気投合したのがきっかけです。
当初は相手が医者であることは知らず、初めて食事へ行った時に医者だと聞きました。
高級車に乗っていたのでお金持ちなんだろうな…とは思っていましたが、医者というのは意外でした。
でも食事はもちろんご馳走してくれましたし、バイト先に有名店のお菓子を差し入れしてくれたり、やることすべてが紳士過ぎて、あの頃の私はコロッと落ちてしまいました。
それからすぐにお付き合いが始まり、私の金銭感覚もおかしくなっていきました。
デートの度にブランド物のアクセやバッグをプレゼントしてくれたり、誕生日にホテルのVIPルームを貸し切ってくれたり…。
一番の思い出は学会に行くから付いて来てと言われオーストラリア旅行に連れて行ってもらいました。
その後2年お付き合いしましたが、私が故郷に戻ることになりお別れしました。

自分から出した時もある

30代女性「きらり」さん
相手の職業は不動産会社経営者の二代目でした。
出会ったのはお友だちの紹介で1年以上友人関係でしたが、徐々に仲良くなり自然に付き合うことになりました。
デートは基本的に夜が多く、週に一度は休みを合わせて朝からデートができるようにしていました。
デート代は私が出すときもありましたが、駐車場代や缶ジュース程度であとは全て出してくれてました。

最後に台無し

30代女性「ねこた」さん
有名な機器メーカーのシステムエンジニアの方とお見合いパーティーで出会いました。
相手から誘われご飯を食べに行き、全額相手の方が奢ってくれました。話もはずんだし、私は楽しかったです。
しかし、帰り道、駅で別れる時に、いきなり「ハグしないの?」と言われてハグをされそうになりました。
人がたくさんいる場所でしたし「付き合っていないのになんで?」と私は引いてしまいました。
食事は楽しかったのに、最後で台無しになり、お付き合いする事はありませんでした。

割り勘だった

「ガソリン代と高速代」も徴収された

40代女性「ともちん」さん
社会人の時に合コンで知り合ってデートした彼は大手メーカーのエンジニアでした。
真面目そうな彼の人柄に惹かれてお付き合いしていたのですが、デートは専ら「漫画喫茶」でした。
趣味がオタク系だったので、話す内容も私にはちんぷんかんぷんなことが多かったです。
デートは高収入の割には毎回割り勘で、遠出した時には「ガソリン代と高速代」も徴収されました。
そんな彼とは「結婚を考えられない」と思い半年足らずで別れました。

ドン引きした

30代女性「たま」さん
相手は結構年上の救急救命士です。友人が医療関係者のみのお見合いパーティーで知り合った人を紹介してくれました。
友人経由でメールアドレスを交換し、私も相手も食べることが好きと言う事で、最初のデートで相手おすすめのお寿司屋さんに行くことにしました。
久しぶりのデートでドキドキして待ち合わせ場所に行くと、そこにいたのは…ドランクドラゴンの塚地さん似の男性。しかも足元は石田純一スタイル(丈の短めの白のジーンズ、素足に白い靴)で現れました。
若干引きつつも、人は見た目じゃないと思デート開始…。
会話が本当につまらない!!自慢ばっかり!!!そしてどうしても耐えられなかったのは、会話の途中途中に挟まれた、豚っ鼻でした。数時間、必死に作り笑いをしました。
お会計はまさかの割り勘でした。あんなに自慢をしていたのに「そこは割り勘なんだ」とさらにドン引きでした。
その後メールはすべて無視しました。

まとめ(結論)

今回は『年収1000万円以上の男性とデートした時の体験談』をご紹介しました。全部で15名に聞いてみた結果がこちらです。

  • 相手の奢りだった:13名
  • 割り勘だった:2名

やはりお金持ちはデート代を出してくれることが多いようです。デート代についてだけでなく、デートの内容も凄いエピソードがたくさんありましたね。

もちろんデートしたからと言って、絶対に付き合わなければいけないわけではありません。お金持ちの方とのデートは非日常を味わえる可能性もありますので、良い思い出にもなるでしょう。

もしチャンスがあれば、一度くらいは体験してみてはいかがでしょうか?