大晦日に彼氏・彼女と喧嘩した時の体験談!どうやって仲直りできたの?

大晦日に彼氏・彼女と喧嘩してしまうと、ちょっと後味が悪いですよね。年末最後の特別な日だからこそ、逆になかなか仲直りのきっかけがない場合もあると思います。

そこで今回は、大晦日に恋人と喧嘩した体験談をご紹介します。

大晦日に喧嘩をして、その後どうやって仲直りできたのでしょうか?

スポンサーリンク

大晦日に彼氏・彼女と喧嘩した時の体験談

彼女が謝ってきた

20代男性「ファン」さん
私は大晦日の彼女とデート中に、中学生の頃の女の同級生に久々会い、話をした事によって喧嘩をしてしまいました。
そのまま一緒に神社に行き年を越しましたが、少し気まずい雰囲気でした。
神社で御参りした後家に帰り、年越しそばを食べながら1年を振り返って彼女との思い出を話していくと、彼女から大晦日のデート中に起きた事を謝ってきて仲直りできました。

彼氏が謝ってきた

30代女性「ゆい」さん
大晦日、年越しに神社に行きたい私と、家でゆっくり過ごしたい彼で意見が別れ喧嘩になりました。
そのまま年越しを迎えてしまい、ふてくされたまんま寝る事に。
起きたら彼が謝ってくれ年末という事もあり飲み会が続いてて疲れてた…と。
でも、私の気持ちも大事にしないといけなかった!と反省してくれたので、仲直りをして一緒に初詣に行きました。

初詣に行く時に仲直り

30代男性「はる」さん
喧嘩の原因は些細なものでした。年越しの際のテレビのチャンネルで揉めたのです。結局話をしないまま同じ部屋で年越しをしました。
いつまでもこんなのは駄目だと思い年上の私から謝りました。
そして元旦の初詣に行くという口実をきっかけに彼女も口を聞いてくれるようになり、無事に仲直りをして初詣に行くことが出来ました。

仕事が始まってから冷静になった

30代女性「ミオ」さん
正月1日は、私が外せない親戚の集まりがあり、大晦日の夜中に彼と除夜の鐘を楽しみながらお宮参りに行こうと、約束をしました。
しかし、当日彼から電話が入り、急遽彼が町内の自治会の大晦日のイベントに駆り出されるアクシデントにあい、キャンセルされました。
サービス業をしていたので、私は2日から仕事始めでした。大晦日の日を楽しみにしていた私は一方的に怒り、その日から彼が電話やメールをしても出ませんでした。
でも、仕事が始まり冷静になり、喧嘩して1週間も経たずに私かごめんねの連絡をして仲直りしました。
スポンサーリンク

友達のおかげで仲直り

20代女性「まい」さん
私は大晦日に彼が浮気をしていることに気づき喧嘩。
年越しは一緒にいたものの全然会話がなく、初詣に行っても会話無し。
その後元日に友達を挟んで自宅で話す機会があり、そこで仲直りをしました。
友達が入ったことによって仲直りできたと思っていますし、もしかすると二人では仲直りできていなかったのではと思うとぞっとします。

キレイな景色のおかげで仲直り

20代女性「meko」さん
大学の時、外国人の彼氏と一緒に年末年始の旅行を青春18きっぷでしました。
神戸から九州まで行ったのですが、お互い疲れが出てきていて本当に些細なことから喧嘩に。
それは日本語と韓国語(当時の彼氏は韓国人でした)、どちらが英語に近い発音か、という話でした。
今思い返せばあまりにもしょうもないことですが、それで言い合いになって、一緒に起きて年越しする予定が、それぞれ勝手に寝て大晦日が終わりました。
朝起きたら年明け。太宰府へ御参りする予定だったので、無言のまま支度をして出かけましたが、着く頃には自然と仲直り。
雪が積もって綺麗な景色のおかげだったのかもしれません。

プロポーズで仲直り

40代女性「もーちゃん。」さん
私達は付き合って5年になる年末の31日大喧嘩をしました。
喧嘩の内容はプロポーズして欲しかった私とそれを急かされた彼の苛立ちからでした。
来年で6年目の付き合いになるのに何でプロポーズしてくれないんだと私が愚痴った所、いつもなら茶化して終わるネタに珍しく彼がぶちギレました。
そこで取っ組み合いの大喧嘩が勃発し、昼の2時に彼も私も「別れる」で意見が一致しました。
彼と過ごす予定だった年末が無くなったのでイライラしながら実家に帰ろうと荷物を纏めていた私。
玄関のドアを開けたら彼が立って居ます。「合鍵返しに来た」との事。
私も彼の合鍵を返し、彼も私に合鍵を渡す時に「さっきはごめん。今日、日付が変わる時にこれ渡そうと思った」と指輪が出てきました。
「オレ楽しみにしてたの。お前にこれ渡すの。日付が変わる時に渡したらなんか良いかな?って思ってたのにお前におちょくられたからさ…」私号泣でした。その瞬間仲直りし、今は幸せです。

プロポーズで仲直り その2

20代女性「かおっくま」さん
12月31日に、スキージャムのカウントダウンの花火を見ようと前から約束をしていました。
当日彼の家でまったりしていて、彼は疲れていたのか寝てしまって出発の時間に遅れていました。
結局スキージャムに付いた瞬間、花火が始まってしまい私はご機嫌斜め。しゃべりかけられても口も聞かず、ムードが悪くなってしまいました。
しかも、花火が終わって余韻を味わいたいのに彼はそそくさとトイレへ。
最悪の年明けだなと思っていると、帰りの車の中で指輪を渡され「結婚しよう」との一言。
プロポーズの準備のためトイレで心を落ち着かせていたみたいでした。もちろん私の返事は「お願いします」。
仲直りのきっかけはプロポーズでした。忘れられない苦くも甘いお正月となりました。

まとめ(結論)

今回は、大晦日に恋人と喧嘩した体験談をご紹介しました。

大晦日だからこそ、テレビやお参りなどの意見の違いで喧嘩をし、年を越したからこそ、初詣などをきっかけに仲直りできた方が多かったようですね。

とは言え、やはり大事なのは、自分に非があるなら素直に謝ること。相手が悪いと分かっていても「言い過ぎたかな」と思っているなら、それについて謝れば、きっと相手も謝ってくれるはずです。

喧嘩は長引かせてもお互いのためになりませんので、なるべく早く仲直りしてくださいね。