メール(ライン)でやらかして後悔している恋愛失敗談8選

メールやラインは便利な一方で、好きな人とやり取りする時は、色々と悩みますよね。誰しも一度は「こんな感じで送っても大丈夫だろうか?」と不安に感じたことがあるでしょう。

そこで今回は『メール(ライン)でやらかして後悔している恋愛失敗談』をご紹介します。

同じような失敗をしてしまわないように、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

メール(ライン)でやらかして後悔している恋愛失敗談

しつこく送ってしまった

20代男性「ペガサス」さん
好きな人とラインをしていました。初めの一ヶ月までは、とても楽しくラインをしていました。相手が好きでやっていたのか、今はわかりません。
後悔しているのは自分が好きでラインをしつこく送ってしまったことです。
あえて間違えラインを入れて会話を始めようとしたり、今考えたらストーカーのようなことをしていたのかもしれません。
2人が遠く離れてしまう時、自分は思い切って告白をしていました。
結果は振られました。原因は自分がしつこくラインを送っていたからです。楽しい所で切り上げとけば良かったと後悔する今です。

やりとりを終えないように必死になりすぎた

20代女性「ばばな」さん
気になっている先輩に勇気を振り絞ってLINEを送りました。
何件か続いていて、だんだん会話がなくなってきたので、このLINEが終わらないように必死になりました。
後から聞いた話によると、必死になっていることが伝わってしまったようで、少し気になっていたが冷めてしまったとのこと。
今でも先輩との進展はありません。

毎回長文で返信していた

30代女性「めい」さん
大学時代に好きだった人がいました。
当時まだ誰とも付き合ったことがなく、恋愛経験がない状態。そんな中で仲良くなってメアドの交換をし、メールをするようになりました。
そこで後悔していることがあります。慣れていない私は、彼からの返信にいつも長文で返していました。
彼からしたら、毎回長い返信が来て読みづらかったし返信しづらかっただろうなぁと思います。
結局彼とは付き合うことができませんでした。

誘われて舞い上がってしまった

20代女性「ニコちゃん」さん
大学のサークルの先輩に片思いをしていたのですが、ある日メールで食事に誘われました。
嬉しくって、どこのお店に行くか、候補のお店を1人で勝手に沢山探してURLを送りまくったり、食事までに何をするかという候補を羅列して送りつけたりしてしまいました。今思うと、必死すぎて怖いです。先輩のリードに任せるべきでした。
先輩も、ただ単に後輩にご飯を奢ってやろうとしただけだったのに肉食獣のようにがっつかれて怯えてしまったのか、その1回きりで食事に誘われることも無くなり、2人の関係には何の進展もありませんでした。
スポンサーリンク

そっけなくしてしまった

30代女性「MJ」さん
私は基本的に、用事が無い時や連絡事項が無い時は、彼氏とは連絡を取らなくて良いと思っています。
ですが、男性とは想像以上に女々しいもの、此方の様子を窺う為に、内容も無いメール(LINE)を送って来たりします。
私も暇人では無いし、煩わしい事が嫌いな性格ゆえ、『了解。』とだけ返したり返事をしなかったりしました。
でも、決してどうでも良い相手だなんて思っていませんでしたし、心を支配される程に好きな相手でした。
けれども、相手にはそんな気持ちは伝わらず、他に好きな男性が居ると勘違いされ、その恋は最終的には破局を迎えました。
彼氏に対して、何も悪い事はしていないと思う反面、どうでも良い内容のメール(LINE)にも、無理をしてでも応えてあげるべきだったのかも…とも思います。

ありもしない内容を送っていた

40代女性「ももこ」さん
自分の印象を良く見せたくて、ありもしない内容ばかり送っていました。
休日は友人とオシャレなカフェに行ったとか、手の込んだ料理を作ってみた、というような内容です。
実際にあった時に会話の内容詳細をきかれたりして、しどろもどろになり、自分を偽っているのがつらくて、大好きでしたが私の方から疎遠になってしまいました。

クサいセリフを送ってしまった

20代女性「ししのい」さん
恋人になってしばらくは熱が入るものですが、そのときにクサいセリフを送ったことを後悔しています。
相手も熱が入ってるのため似たような返事を送ってくるのですが、ある程度期間が過ぎて読み返してみると痛い…。恥ずかしいを通り越してドン引きです。
結局その相手に振られてしまい、別れた当時なかなか吹っ切れず読み返してうわぁ…となってしまいました。
吹っ切れるきっかけにはなったので切り札としてはいいかもしれませんが、やっぱり痛いです。苦しいものがありました。

積極性が足りなかった

30代男性「森の林」さん
女性に送ったメールの内容で後悔したことはあまりありませんが、消極的過ぎて失敗したことがあります。
大学生のころは、まだ恋愛に慣れていなくて、付き合うまでの過程や、付き合うということをよく分かっていませんでした。
ですから、せっかく気になる女性とアドレスを交換しても、何もやりとりせず、デートもしないまま、いきなり告白をしてしまったことがあります。
デートに誘ったりしながら、適度にメールのやり取りをして距離を縮めていれば「付き合えていたかも」と後悔しています。

まとめ(結論)

今回は『メール(ライン)でやらかして後悔している恋愛失敗談』をご紹介しました。

  • しつこく送ってしまった
  • やりとりを終えないように必死になりすぎた
  • 毎回長文で返信していた
  • 誘われて舞い上がってしまった
  • そっけなくしてしまった
  • ありもしない内容を送っていた
  • クサいセリフを送ってしまった
  • 積極性が足りなかった

このようなメールを送ってしまうと、必ずしも失敗してしまうというわけではありませんが、「逆に自分がこんな風にされたら引くかも」と感じた体験談もあったと思います。

相性もありますので、メールのやり取りには正解はありませんが、少なくとも自分がやられて嫌になってしまうことは、相手にもしないように心掛けましょう。