付き合う前に相合傘をする心理について!その後の関係はどうなった?

気になる人とのデート中に相合傘ができた時は、嬉しいですよね。しかし、嬉しいのは自分だけで「相手はどう思っているんだろう?」と悩んでしまう方も多いと思います。

そこで今回は『付き合う前に相合傘をする心理』と題して、その時の気持ちをみなさんに聞いてみました。

果たして、付き合う前に相合傘をした二人は、その後付き合うことになったのでしょうか?

スポンサーリンク

付き合う前に相合傘をする心理について!

ドキドキした

体が密着してドキドキ

30代男性「よしちゃん」さん
二人でカラオケに行って遊んだ帰りに雨が降ってきて私の折り畳み傘をさして帰りました。
折り畳み傘で小さいので余計に体が密着してドキドキしました。
体が密着することを相手も意識しているみたいで、凄くいい感じの数分間でした。
その後はお互いに何を言うでもなく普通に過ごしていますし、今でも一緒に遊びに行っています。

ドキドキしたけど一人の後輩にすぎない

20代女性「ありりん」さん
大学生の頃、後輩で同い年の男性と2人で遊んでおり、突然雨が降って来ました。
折りたたみ傘を持っていた彼が入れてくれるということで、2人で相合傘をすることになりました。
手が触れたり、どちらが傘を持つかなど話したり少しドキドキはしましたが、私にとっては1人の後輩。その後、好きだと言われたこともありましたが、付き合いはしませんでした。

長く感じた

20代女性「ミンミン」さん
居酒屋で飲んだ帰り、雨が降っていましたが、お互い傘がなく困っていました。
すると店員さんが一本だけ貸してくれて駅まで一緒に相合い傘をすることになりました。
駅までは歩いて8分程度の距離だったけど、歩く度に肩が触れる等相手との距離が近いのにドキドキしてとても長く感じられました。
正直酔いもすっかり覚めて背が高いなとか肩が濡れないようにしてくれてるなとか、ボンヤリ思いました。
駅についたら普通にバイバイして、帰宅しました。その後傘を返しておいたと連絡を貰いましたが、付き合うには至りませんでした。

心臓の音が聞こえてしまうかと思った

30代女性「いちか」さん
好きな人と初デート中、雨が降ってきたのでコンビニで傘を買って相合傘をしました。
まだ手も繋いでないのに距離が一気に縮まり、心臓の音が聞こえてしまうのではというくらいドキドキしました。
その一週間後にまた彼と会った時に告白されたのでお付き合いをしました。
初デートの時、相合傘をしたことによって心の距離も一気に縮まったような気がします。

完全に恋をしてしまった

30代女性「ひとひと」さん
2人でアミューズメント施設に遊びに行った帰りに外へ出たら雨が降っていました。
彼がたまたま折り畳み傘を持っていてその傘に入れて貰ったのですが、その時点では彼氏ではなかったので、くっつく訳にもいかないなと思っていたら『濡れちゃうからもっと中に入りなよ』と腕で私の体を寄せてくれてドキドキしました。
それから私は完全に恋してしまい、私から後日告白し、付き合う事になりました。
スポンサーリンク

緊張した

長い付き合いの中で一番緊張した

40代男性「まきさん」さん
その日は朝から少し暗い曇り空。ただ天気予報は雨予報ではなかったので、傘を持たずに彼女との野球観戦に出かけました。
試合中盤からぽつぽつ雨が降り始め、試合が終わった後は本降りの雨になりました。
試合後は食事の予定をしていましたが、スタジアムからお店までは歩いて約20分。彼女は大きめの傘を持って来ており、お店まで相合傘で向かいました。
普段はドキドキ感を覚えない相手ですが、その日は同じ傘に入っているという独特の雰囲気からか、何だか緊張してしまいました。後で聞くと、彼女も同じ気分だったそうです。
食事後は雨も上がり、相合傘も結局お店までの約20分だけ。でも彼女との長い付き合いで、一番緊張した時間でした。
付き合う事はなく、今でも仲の良い友達関係が続いています。

楽しかった

20代女性「のちこ」さん
よく頼りにしている先輩に服を選んで欲しいという口実でデートに誘いました。
学生でお金がないことや二人とも歩くのが好きということもあり、行きはバスで3キロ走った道を帰りは歩いて帰りました。
その日は雨の予報でしたが私は傘がなく、先輩の傘に入れてもらうことになりました。
お互いがいない方の肩を濡らしながら歩いて帰りました。その時の会話は緊張と喜びで覚えていませんでしたが楽しかったです。
その後は卒業し付き合うこともありませんでしたが、今も飲みに行くほどの中ではあります。

嬉しかった

ウキウキした

30代女性「太陽さんさん」さん
外国人のメール友達に会うために、休暇を取り海外旅行へ行きました。初めて会ってすぐにレストランで食事し、出ると大雨でした。
その後、街を観光してましたが、外国人は雨が降っても傘をささないと聞いたことがあるので、折りたたみ傘を持っていた私は、気にせず一人で傘をさしていました。
しかし、かなり土砂降りの雨になってきたので、私の傘に入りますか?と聞くと、彼はもちろんと答えて一緒の傘に入りました。
その日に初めて会った彼と近い距離で話すことになり、ウキウキした気分になりました。
その後、遠距離で付き合うようになり、彼と夫婦になりました。

一瞬「えっ?」と思った

40代女性「マーメメ」さん
昔から仲良くしてた一つ上の異性とよく会って遊んでた時の話なのですが、食べ歩きデートしてた時でした。
途中から雨が酷くなり傘を買ったのですが、彼が「一つあれば大丈夫だよ」と言い、あたしは一瞬「えっ?」と思いましたが、想像してた通り彼は相合い傘をしてくれました。
お互い友達ではありましたが好意を持っていたので、相合い傘してくれてる時は嬉しかったです。
その日の帰り際に彼から告白され付き合う事になりました。

不快だった

20代女性「まな」さん
湖でデート中に突然雨が降ってきました。傘は一つしかなかったので渋々相合傘することになりました。
そんなに好意を持っていなかった相手だったし、傘に一緒に入った途端に腕をスリスリされたりかなり不快な思いをしました。
その後はデートもせず、私もLINEに返信をすることがなくなったので、今では何の関係もありません。

まとめ(結論)

今回は『付き合う前に相合傘をする心理』についてご紹介しました。

全部はご紹介できませんでしたが、15名の方に話を聞いてみた結果、「嫌だった」と答えたのは最後の1名のみ。その他の方は「ドキドキした」「嬉しかった」など、好意的な感想ばかりでした。

最後の方も、不快に感じたのは相手の行動が気持ち悪かったためで、そういうのがなく、単に相合傘をしただけなら、多少は好意的な気持ちになったかもしれませんね。

また、気になるその後の二人の関係がこちらです。

  • 付き合った:5名
  • 付き合わなかった:10名

付き合ったのは3人に1人ということで『相合傘=脈あり』と判断できるわけではないようです。やはり、その後に繋げられるかどうかも大事になるでしょう。

相合傘はお互いの距離を縮める一つのきっかけとして、その気持ちが冷めてしまわないうちに、さらに距離を縮められるように頑張ってくださいね。