彼氏に「ダサい」って言うのはアリ?男性に本音を聞いてみた

彼氏の洋服や髪型がダサいと、一緒にいるのがちょっと嫌になってしまいますよね。しかし「言おうかな」と思っても、正直に伝えるのはなかなか難しいですよね。

そこで今回は『彼氏に「ダサい」って言うのはアリ?』と題して、男性たちの本音や体験談をご紹介します。

果たして、彼氏に「ダサい」と言っても大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

彼氏に「ダサい」って言うのはアリ?

音声付きの動画でも紹介していますので、記事と合わせて参考にしてみてください。

15名の男性に「洋服や髪型がダサい時、彼女にどうしてほしいですか?」と聞いてみたところ、このような回答が得られました。

  • 言ってほしい:13名
  • ほっといてほしい:2名

「言ってほしい」と答えた男性たちのほうが圧倒的に多いようですね。

ただし、どんな風に伝えてほしいかなどは、男性によっても異なるようです。男性たちは実際に「ダサい」と言われた時、どのような気持ちになったのでしょうか?

「ダサい」って言われた男性の本音

感謝している

20代男性「かずやま」さん
付き合ってはじめてのデートの時のことです。ディナーを食べる為イタリアンレストランに入り、お酒も入ってお互い酔っぱらったときにその服センスないねと言われました。
自分では、一張羅のつもりで買ったのに、ダサイと言われ正直ショックでしたが、彼女に言われなければずっと周りの人に思われ続けていたと思うと、彼女に感謝です。

人前で恥ずかしい思いをしなくて良かった

30代男性「さいとう」さん
彼女が自宅に来ており、一緒に出かけるために私が服を着替えたあとにダサいと言われました。
言われたときはショックでしたが、しかたないと思いました。彼女の言い方は笑いながらダサいと教えてくれたので大きく傷つかず、良かったです。
また出かける前に教えてくれたので、人前で恥ずかしい思いをしなくて良かったです。そのあとは一緒に服を選んでくれました。

ファッションに無頓着なのでありがたい

30代男性「りょう」さん
外出前に着替えていると、アウトなファッションについては、きちんと指摘してくれます。
その都度OKをもらうまで選びなおします。ラフな格好が好きなので、どうしても着心地の良い物から選んでしまいますが、彼女がTPOに合わせて指摘しくれるので、助かっています。
ファッションに無頓着の自分としては、ありがたいです。

彼女らしくてよかった

20代男性「わっシーン」さん
私が大学の頃に付き合っていた彼女と某テーマパークへと遊びに行った時の話です。
私は前日に髪を切り、今で言うパリピっぽい髪型と服装で待ち合わせ場所に行きました。
待ち合わせ場所に到着すると彼女はもう来ていました。「ごめん、待たせた?」と言うと彼女は私の姿を舐め回すように見るなり、「なにその髪型と服装?遊園地来てるのになんでそんな感じで来たの?!」と少し怒鳴られ気味で言われました。
「え、ダメかな?」と言うと、「うん!似合ってないしダサい!私は好きじゃない」と清々しいまでに言われました。
私はもちろんビシッとキメたつもりだったのでこの言葉にはショックを受けました。
でも変に気を遣われるよりかはこのくらいざっくり言われた方が楽なので、ショックでしたが、彼女らしくてよかったと思えました。
スポンサーリンク

具体的に教えてもらって少しスッキリした

30代男性「よしき」さん
デートの時に待ち合わせ場所で出会ってからすぐに言われました。服装がダサいと言われました。
初めてのデートで言われたのでとてもショックでしたが、確かに自分でもファッションには自信が無かったので、言われてどう直せばいいのか気になり、素直にどこが悪いのか彼女に聞きました。
具体的に悪いところを聞いて少しはスッキリしました。

はっきり言われて良かった

20代男性「てとら」さん
彼女にはデートで待ち合わせで会った瞬間に言われました。
ダサいといわれた時はショックでしたが、前からセンスがあるとは思っていなかったのでそこまで気にしませんでした。
ですが、それがきっかけで服は彼女が選んでくれるようになったのでよかったと思います。
遠回しに言われるよりはっきり言われて良かったです。

提案型で伝えてほしかった

40代男性「まるお」さん
大学を出て社会人になったころ、それまでのだらしない恰好の延長線にあるような服を着ていたら、ある日彼女に「もう大人なんだから、もうちょっと考えたら?」ということを言われました。
その時は反発してしまったのですが、その後営業の仕事をするようになり、シャツやズボンのしわが人にどんなによくない印象を与えるかということを実感し、その時の態度をちょっと後悔しました。
彼女自身がどう思うかという形で伝えるより、人がみたらこう思うんじゃないかな?という提案型で伝えてくれたら、もうちょっと素直に聞けたのかもと思いました。

遠回しに言ってほしかった

30代男性「ケント」さん
大学生の時、付き合っていた彼女とデートに行った時、ダサいと言われました。
デートのために髪も切って、服装も気合いれて行ったのですが、彼女から全部ダサいと全否定されました。
自分的には気に入っていたので、すごく悲しい思いをしました。直接的な言い方ではなく、遠回しな表現で言って欲しかったです。それか、何も言わないで欲しかったです。

「あなたのままでいい」と言ってほしかった

40代男性「やまちゃん」さん
ダサいと言われたのは付き合って3ヶ月経ったある日、喫茶店で「言い難いんだけど。」と切り出されました。
実は僕は覚えていなかったのですが、前回のデートの時と全く同じTシャツ短パン姿だったらしいのです。
もともと、洋服や持ち物には全くこだわりがないので、「もう少し考えたら?一緒に歩くの嫌だ」と言われた時も、僕としてはどうでもいいやんと思ってしまいました。
彼女には「服装や持ち物なんかより、あなたのままでいい」と、言って欲しかったです。
その後、食べ物の好みや色々な部分で意見が合わず、結局別れてしまいました。

まとめ(結論)

今回は『彼氏に「ダサい」って言うのはアリ?』と題して、男性たちの本音や体験談をご紹介しました。

アンケートの結果では「言ってほしい」と答えた男性が圧倒的に多かったですが、実際に言われた時の感じ方は、やはり人それぞれでしたね。ちなみに、最後の2名の方が最初のアンケートで「ほっといてほしい」と答えた方たちでした。

男性たちがどう思うかは、言うタイミングやシチュエーション、二人のキャラや関係性にもよると思います。

ですから、彼氏に「ダサい」と伝える時は、その辺も考えて、なるべく彼氏が納得できるような言い方で伝えてあげましょう。