好きな人とラインする時のきっかけは?マネがしやすい5つの成功例!

好きな人にラインを送りたいと思っても、送るきっかけに悩みますよね。単なる挨拶や、今日の出来事みたいな内容を送っても、相手には「ウザい」と思われてしまうのも怖いですし。

そこで今回は『好きな人とラインする時のきっかけ』について、成功例を集めてみました。

わりとマネがしやすい例が多いので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

好きな人とラインする時のきっかけ

二人の共通の話題を挙げる

20代女性「ゆー」さん
お互いにラインでやり取りできる状態でLINEゲームのつむつむで点数が好きな人を上回ったりがちゃでいいキャラが出た時によく送っていました。
逆に相手からもよく来るようになりました。
同じゲームにはまっている状況ですとどんな話題でも盛り上がりますしネタが尽きないのでお互いに無理せずに連絡を取りあえました。
相手の趣味をリサーチして話題を振るのがいいと思います。
でも知ったかぶりはすぐにばれるので正直に行くのが大切です。
20代女性「かりんとう」さん
バイト仲間の男性に。彼を含むバイト仲間たちとみんなでご飯に行って、盛り上がった話題について、帰宅後、彼にラインでちょっかいだすような感じで連絡してみました。
バイトの話題だったのですが、共通の話題であるということもあり、長い時間ラインのやりとりをして盛り上がることが出来て、すごく楽しかったし幸せでした。

相手が詳しいことを教えてもらう

30代女性「ひとみ」さん
相手がクラシックの演奏をやっていて自分もヴァイオリンを始めたいからと、いろいろ演奏の仕方やおすすめの曲などを聞いたりしてました。
やり取りしているうちに一緒に練習しようと誘ってくれたり、仲良くなりました。
音楽が好きという共通の話題があったことで、その話題をするようにして相手もノってくれたりしてました。
20代女性「にゃにゃまる」さん
好きな人が漫画好きで、漫画のことならこの人に聞けば何でも解決するような人だったので、最近読み始めた漫画やちょっと気になっている漫画のこと、オススメ作品等を聞くためにLINEを送っていました。
一つのことを聞くと嬉しそうに沢山の答えが返ってくるので参考になりましたし、とても盛り上がり楽しかったです。
その後は漫画が実写化された映画を一緒に観にいったりして、お互いの価値観が合ったこともありお付き合いを始めました。
スポンサーリンク

間違えたフリをする

20代男性「匿名希望」さん
わざと送り間違えたと送信ミスをし、送るきっかけを作ることです。
「そういえば最近元気にしてる?」などと話しを上手く持っていき、「今度久々に食事でも行きたいね!」と誘い出せれば50%は勝ち確です!
私はこの方法で、勝ちパターンが多かったのもあり、おすすめしたいと思います!
成功しないパターンもあります、「食事に行きたいね」と文章を送って反応を見て、「そうだね」とかそっけなかったり、明らかに面倒くさそうにしてるならやめときましょう。
成功パターンの場合、「おー今度休み合わせていこいこ」など反応がかなり良いので手応えを誰しも感じると思います!
一度はこの方法を試して見ると良いです!
20代女性「マユ」さん
普通に会話をしようとすると、どうしても好意があることが伝わってしまいやすいので、間違い電話を装うのが効果的です。
でてしまう前に、ワン切りしましょう。その後に、「ごめん!間違えて掛けちゃったみたい!」と送ります。それから、「そういえば、久しぶりだけど元気?」などと他愛もない会話を始めれば、自然に会話できます。
ですが、何度もやると怪しまれるし、嫌われるかもしれないので注意です。

相手が反応しそうな写メ・画像を送る

30代女性「やさん」さん
私は、相手も一緒に写ってる写メを送ってきっかけにすることが多いです。
「この前みんなで撮った写メ送るね~!またみんなでどっか行きたいね!」とかいった感じです。
そこからLINEが続けば、最後はこちらから未読スルーして次の日に「おはよー。昨日ごめんね、寝ちゃってたよ」って感じで次の日も続けてLINEできるように仕向けます。
40代女性「みおり」さん
その当時、彼は一人暮らしをしていたので「ご飯たべた?因みにこちらの今夜のお夕飯はアジフライ。ちゃんと自分で魚を卸したの。凄いでしょ?」と、自分で作ったお夕飯画像と共にラインを送りました。
一人暮らしで家庭の味に飢えてた彼は「お~!美味そう。俺も食べたい!てか、魚を自分で卸したの?そんなことも出来るんだ?」みたいな話になって、魚の卸し方の話しになったり「けっこう家庭的なんだね。他にどんな料理できるの?」って。
因みに彼も料理をする人だったらしく、いろんな料理のレシピの話になったりして盛り上がりました。
結局、そんなことが切っ掛けで「これ、作りたいからレシピ教えて!」とか彼からもラインが来るようになって、その後お付き合いました。

会った時のお礼をする

20代女性「あやちゃん」さん
『今日はありがとう。
とっても楽しかったよ?(≧∇≦)
色々話せて○○君新しい一面も知れたし、料理もとっても美味しかったね^_^
今度はタイミングあえば私のよく行くお店に行きませんか?^o^』
初めての二人で飲みに行った後のLINEです。
その後は私の行きつけのお店に行ったり、お互いにお酒が好きなので何度か外食に行き、付き合う事になりました。
20代女性「はなまる」さん
地元のお祭りがあり、誘われて7名ぐらいで集まりました。その時にラインの交換をして、今日のお礼をと思い自分から勇気を出して『今日はありがとう。〇〇(好きな人の名前)がいたから楽しかった』と送ってみました。
返事くるかな?と不安でしたが、ちょっと経ってから返事が来て『俺も〇〇がいたから楽しかったよ』と。それから毎日のようにやり取りが続き、付き合う事になりました。

まとめ(結論)

今回は『好きな人とラインする時のきっかけ』をご紹介しました。

  • 二人の共通の話題を挙げる
  • 相手が詳しいことを教えてもらう
  • 間違えたフリをする
  • 相手が反応しそうな写メ・画像を送る
  • 会った時のお礼をする

どれも自然ですよね。きっとあなた自身もこういった内容のラインが届いたら「やり取りを続けよう」と思うはずです。

ただ、毎回同じパターンをきっかけにするのも不自然になってしまいます。いくつかのパターンを何度かに分けて使って、ぜひ好きな人との距離を縮めてみてくださいね。