好きな人にLINEを毎日送ったら進展する?迷惑がられる?15人に聞いてみた

好きな人には毎日でもLINEを送ってアピールしたいですよね。しかし、「毎日送ったら迷惑がられるんじゃないか」と不安になってしまう方も多いと思います。

そこで今回は『好きな人にLINEを毎日送ったら進展する?』と題して、15人の方の体験談をご紹介します。

果たして、好きな人に毎日LINEを送ると、付き合うことができるのでしょうか?

スポンサーリンク

好きな人にLINEを毎日送ったら進展する?

付き合えた

2週間ほどで相手が告白してくれた

20代女性「もも」さん
朝は「おはよう」から始まり、「今日も頑張りましょう」や、仕事がおわったら「お疲れ様です!」と送り、その日あったことを報告したりしました。
相手からは返信がありました。約2週間ほど毎日送りました。
その相手は、「いつも気にかけてくれてありがとう、好きになりました。」と告白されて、付き合えることになりました。

寝落ちして次の日も続くようにした

20代女性「たまこ」さん
私は好きな人に毎日のようにラインを送っていました。
内容はあまりたわいの無い話だったのですが、好きなアーティストや今日の晩御飯などどうでもいいことばかり。
しかも寝落ちしてしまって次の日に返すことでバイバイと言わせない感じにしていました。
けっきょく2週間くらいは毎日ラインをしていたと思います。その後その相手とは付き合うことができました。

相手からの返信も早かった

20代女性「ひら」さん
会社の先輩に、最初は仕事とか人生相談のようなことを頻繁に送っていました。
それが途切れると、たわいない挨拶とか、世間話とかも多かったです。
仲良くなったら趣味の話で盛り上がりました。相手も丁寧に、早いレスポンスで反応してくれて、数カ月はずっと続いていたと思います。
もともと顔を合わせることが多かったので、どんどん親密になって、相手から告白してきてくれて付き合いました。

相手も常にスマホをいじるタイプ

20代女性「なつ」さん
朝「おはよう」から始まって、その日あったことやこれからの予定など本当に何気ない内容のLINEを毎日送っていました。期間にすると1ヶ月弱だったかと思います。
互いにどちらかというとずっとスマートフォンを触っているタイプだったので、返信はすぐにありましたし楽しくLINEをしていました。
それだけ連絡を取っていたので、デートも何度かして付き合うことになりました。

職場では話せない分LINEで

30代女性「ひとひと」さん
職場であった出来事(人間関係、愚痴、面白い事など)、観たテレビや聴いた音楽、食べた物とかその日の雑談みたいな感じで送ってました。
彼もその都度、返信してくれました。1ヶ月はそんなLINEの毎日でした。
相手は職場の後輩で、私が先輩でお互い好意を持っていたので、お互いがLINEをばんばん送りあっていて、職場では恋愛禁止だったので、職場で話せない分をLINEで話すような形でした。
その後、内緒で付き合いました。

重くならないように気を付けた

30代女性「けいちゃりん」さん
好きな彼に「おはよう」とか「やっと昼休みだね」とか「何してる?」とか他愛ないLINEを送っていました。
返信は来るまでその都度待っていました。一方的に何通も送ると重いとか思われそうで。2ヶ月ほど送り続けていました。
ある日風邪ひいて倒れこんでるとLINEしたら「ちゃんと食べてる?大丈夫?」とLINEが来て「食べれてない。倒れこんでる」と返事をすると、彼が仕事終わってから家まで来てくれました。
その時に告白して付き合いました。
スポンサーリンク

付き合えなかった

返信が来なくなった

30代男性「まっくん」さん
合コンで料理の話題で意気投合した女性が好きになりました。
共通の話題が料理だったので、その日に作った料理や外食したものの写真を3週間くらい毎日送っていました。
最初の頃はスタンプやコメントとか相手の料理の写真を送られてきていたのですが、だんだん同じようなコメントが多くなり、そのうち返信率が低くなり、最終的には音信不通になってしまいました。

脈なしと思って送るのを辞めた

20代女性「みなみな」さん
「今日は何している?」とか「今度遊びに行かない?」とか日頃の会話をしていました。
相手からは、返信きていましたがたまに忙しいのか3日ぐらい返信来ない時もありました。その時は、落ち込みました。
毎日送っていた期間は3週間程でした。気がないなと思い、ラインを送るのをやめました。
彼も、好きな人がいたらしくてその女性の方と付き合いました。
40代女性「なむ」さん
友達みたいな感じから段々お互いいい雰囲気になった男性がいて、毎日「おはよう」「お疲れさま」とか、仕事の事や野球の話しなどたわいもないLINEを送っていました。
向こうも普通に返信してくれていていましたが、そのやりとりを二週間くらいしていてもなかなか会ってくれなませんでした。
いつも自分からラインを送ってる事に気づいて、これは脈がないのかなぁと思い、自分から送るのを止めたら音信不通に。
いい感じでしたが、結局お付き合いに至りませんでした(涙)

相手に彼氏ができた

30代男性「すーさん」さん
同じ会社の方でしたので、会社での出来事や上司や同僚の愚痴等を言い合っていました。
またお互いの趣味や恋愛等のディープな話もしていました。基本返信はありましたが、毎回数回のやり取りで終了していました。
こんなやり取りが二ヶ月位続きましたが、相手の女性に彼氏が出来た為、自分の気持ちを伝える事無く諦めました。
20代男性「a6ce2」さん
最初は大学の課題や勉強についての話を送っていましたが、自分のことをなんとなく話してみると相手も趣味のことや友達のことを話してくれるようになりました。
半年ほど毎日続けて一日何回かのラインを送っていましたが、彼氏ができたとうわさで聞いてだんだんラインしにくくなってしまい、最終的には送れなくなってしまいました。
とても好きになれた人だったのでショックでした。

相手は彼女持ちだった

20代女性「なかみ」さん
会社の人だったので会社のことをメインに送っていました。
相手は優しい方だったので返事は毎回くれていました。とても嬉しくて幸せで2ヶ月くらい毎日LINEを続けていました。
相手の方は彼女持ちだったので結局振り向いてはくれませんでしたが、少しでも幸せをくれたことは感謝しています。
最後に想いは伝えたかったなと後悔はしています。

彼氏がいると知らなかった

30代男性「kawasaki」さん
友達だった片思いの女性に、毎日ラインしてました。
「おはよう」とか「今日は、仕事忙しい?」という当たりさわりのないラインをしていた。
相手からは、「おはよう」とか「うん。今日は忙しいよ。」とか返信がありました。
3か月ほどラインを続けて、そろそろ食事とかに誘いたいなと思って、「今度、スタバとか行かない?」って軽い感じでラインしてみました。すると「う~ん。私、彼氏いるから。」と返信がありました。彼氏がいてるとは知らなかったです。
結局、お茶すら行けず、そのままラインもしなくなってしまいました。

「忙しいからLINEやめて」と言われた

30代女性「サキ」さん
合コンで出会って1回だけデートした相手に片思いするようになりました。
それで毎日「今度は飲みに行かない?」「今日は仕事で嫌なことがあって愚痴ってもいい?」という感じのLINEを2週間くらい送りました。質問風のLINEのほうが返事がしやすいかと努力したつもりでした。
最初の1、2回は「いいよ」などの簡単な返事が返ってきて電話したりもしました。
でもその後はほとんど返事がなくて「忙しいからLINEやめて」と言われたのです。
脈がないと悟った私は、嫌われたくないのでLINEを送るの止めて諦めました。結局、付き合うことはできなかったので残念でした。

友達経由で「重い」と言われた

30代男性「getta」さん
8年間付き合った彼女と別れ、空いた穴を埋めたくて友人に女性を紹介してもらうことになりました。
とは言えど8年間という長い期間、彼女以外の女性と繋がりをもった事のない私。紹介してもらったもののLINEも3日置きに数回のやりとりしかできない程奥手になってしまっていました。
一ヶ月半が経過した頃、食事の約束をしました。そして約束の日、ただならぬ緊張の中現れたのは私のドンピシャのタイプの女性でした。会った瞬間に一目惚れ、と言った感じです。
とにかくこのチャンスを逃したくないと、必死でした。その日以降、毎日LINEを送りました。付き合ってもいないのに朝から『おはよう』、夕方に『お疲れ様』からトークをして『おやすみ』まで沢山のメッセージを送りました。
がっついていた事がわかってしまったのでしょう、それから一ヶ月程経過した時に紹介してくれた友達伝いに『重い』と告げられ、やむ得なく恋は実る事なく散ってしまいました。

まとめ(結論)

今回は『好きな人にLINEを毎日送ったら進展する?』と題して、15人の方の体験談をご紹介しました。

  • 付き合えた:6名(全員女性)
  • 付き合えなかった:9名(男性5名)

女性は10名中6名が付き合えたということで毎日送ってアピールするのも良いとは思いますが、男性は上手くいかない可能性が高そうですね。今回聞いた男性の中で、付き合えたという方はいませんでした。

相手から毎日LINEされると、女性は迷惑に感じてしまう方も多いようです。
参照:付き合う前のラインの頻度は?好かれている側の意見を聞いてみた!

やはり好きな相手とはLINEだけで関係を続けるのではなく、直接会った時に距離を縮めていきたいですね。
参照:付き合う前のデートの体験談