付き合う前に結婚観を語る男性の心理について!これって脈ありサインなの?

付き合っていない男性と二人きりの時に結婚観を語られると、なんとなく距離が近づいたような気持ちになりますよね。「もしかしてこれって脈ありサインなの?」と期待している女性も多いと思います。

そこで今回は『付き合う前に結婚観を語る男性の心理』と題して、男性たちの本音や体験談をご紹介します。

男性たちが結婚観を語るのは、脈ありサインなのでしょうか?

スポンサーリンク

付き合う前に結婚観を語る男性の心理

15名の男性に「あなたが結婚観を語るのは、どんな女性が相手の時ですか?」と聞いてみたところ、このような結果になりました。

  • 好きな女性だけ:4名
  • 仲が良ければ、好意がなくても話すことがある:9名
  • 誰にでもノリで話すことがある:2名

残念ながら、これだけで脈ありサインになる可能性は低いようですね。

では、男性たちはどのようなシチュエーションで、どのような気持ちで語っていたのでしょうか? 次からは、男性たちが結婚観を語った時の体験談をご紹介します。

「好きな女性だけ」と答えた男性

結婚観の話題がきっかけで仲良くなった

20代男性「自由大好き」さん
私が今の妻と付き合う前の話になるのですが、当時お互いに時間が合ったので2人で遊ぶことになりました。
カラオケに行き、お互いに歌って楽しい時間を過ごしている時、ふと会話の流れで結婚観について話しました。
私は結婚願望があったので、その旨などを話すと相手も同じだったみたいで、かなり盛り上がりました。
それがきっかけで仲良くなり、よく2人で遊ぶようになりました。それからは関係発展して今に至ります。

相手には彼氏がいた

30代男性「ころりん」さん
合コンで知り合い、恋愛相談を受けていました。
二人で飲みに行って、電車の待ち時間中に缶コーヒーを飲みながら結婚観の話になりましたが、彼女の方は私の結婚観について凄く共感してくれました。
私は好意を持っていましたが、相手には関係が悪くても彼氏がいたので、付き合うことはありませんでしたが、彼女と結婚した時を想像することができて幸せな時間を過ごすことができました。

お互い同じような結婚観で盛り上がった

20代男性「さい」さん
バイト先の同僚とのエピソードです。ある日、私と同僚はお店の締めを担当していたのですが、締める2時間前からお店が混んでしまい、同僚は終電を逃してしまったので私が車で送ることになりました。
私は元々同僚のことが好きだったので、車の中ではお互いの今までの恋愛話をしました。
今までの恋人の人数や相手がどんな人だったのかといったことを話すにつれ、理想の相手像や結婚するならどんな人かといった話にまで発展していきました。
私の結婚観であるほしい子供の人数や、どんな家庭を築きたいといったことを話しました。
すると、同僚も同じような結婚観を持っていたためとても盛り上がり、同僚の家に着くまでずっと結婚に関する話をしていました。
その後、この事がきっかけで同僚と付き合うことができたので本音で話して良かったと思いました。

「好意がなくても話すことがある」と答えた男性

20代男女の結婚観の違いを知った

20代男性「キュラソー」さん
大学院時代の後輩と二人で飲みに行った時、結婚観の話になりました。
後輩が年上男性と結婚を前提に付き合っていたにもかかわらず、相手が仕事で病んでしまったため、別れてしまったと切り出しました。
この話題がきっかけで、後輩は20代後半の女性の結婚観を語り、私は20代後半の男性の結婚観を語りました。
内容は20代の女性は結婚を真剣に考えても、20代の男性はなかなか結婚を実感できないといったことでした。
相手が引いたりすることはなく、お互いに「やっぱりね」というような感じでした。
スポンサーリンク

お互いの立場が似ていた

20代男性「blackbrain」さん
留学中に知り合った女性と結婚感について語り合いました。
お互い好意はなくパートナーがいましたが、なかなか話はヒートアップしました。
友達に招待されたパーティーでの出来事ですが、周りの事をすっかり忘れるくらい語ってしまいました。
お互い日本にパートナーを残して遠距離しているという共通点が会話を盛り上げたのだと思います。

世間話の感覚でする

20代男性「わと」さん
専門学校の同級生で馬の合う女友達がいて、その友達と結婚観を語ることがありました。
一緒にごはんを食べに行ったりした時にそのような話をします。
相手も結婚とか恋愛の話をすることが好きだと言うことですので、話を始めるととても盛り上がります。
結婚観の話はごはんを食べに行くとかでなくとも、世間話くらいの頻度で話をしています。

既婚者の立場でアドバイス

30代男性「りょう」さん
職場の彼氏持ちの同僚と、結婚観の話をしたことが何度かあります。
既婚者の私が、結婚観や結婚生活の実際のついて相談を受けるような形が多いです。
私も妻も初めての交際相手同士で結婚して、共働きで堅実に生きているので、参考にするためか色々聞いてメモを取る人までいました。
何かのためになればと思い、特に包み隠さず話しをしています。

互いに理想が高かった

20代男性「a6ce2」さん
アルバイトで知り合った同じ大学の後輩とレストランで食事していたときに自分の結婚したい人のことと、理想の結婚後の生活について語りました。
彼女には「理想が高すぎる。そんな人があなたのことを好きになるわけがないでしょう」と言われて笑われました。
その後、後輩にもどんな人と結婚したいかを聞いたら、相手も理想が高くて笑えました。

「誰にでもノリで話すことがある」と答えた男性

バーのママさんと

40代男性「KY」さん
バーのママさんと、店内で二人っきりの時に絶望的な結婚観を語って引かれたことがあります。
「恋は勘違いだし、愛だって思いこみだから結婚は長続きしない。結婚を決意するためには最低でも5年は同棲すべきだ。結婚が続いている夫婦は子供のためにお互い我慢している率が90%以上だ。」などという意見は極端だったとは思いますが。
ママさんも独身で、結婚は諦めているようだったので、遠慮なく話した面もありました。

相手に勘違いさせてしまったかもしれない

30代男性「まっくん」さん
職場の女の同僚と仕事帰りに二人で飲みに行った時に結婚観の話題になり「料理を作ってくれたり、休日にのんびり一緒にお酒を飲んだりできる気の置けない相手が理想の結婚相手だな。」と何の気なしに話しました。
すると、急に嬉しそうで照れくさそうに「それって、私も当てはまるってことだよね。」と同僚がもじもじし始めたので、「もしかしてこの子は自分に気があるのかも」と感じました。
私はあくまで同僚の一人なので、それ以上接近しないようにしました。

まとめ(結論)

今回は『付き合う前に結婚観を語る男性の心理』と題して、男性たちの本音や体験談をご紹介しました。

「好きな女性だけにする」という男性もいましたが、特に意識することなく気軽に話す男性が多いため、これだけで脈ありかどうかを判断するのは難しいようですね。

しかし、本音で語り合える分、お互いの距離が縮まるのは確かだと思いますので、好きな男性とは恋愛話の延長のような感じで話してみるのも良いでしょう。