ホワイトデーのお返しをいらないと言われた方必見!女性に本音を聞いてみた!

せっかく女性からバレンタインでチョコをもらったのに、ホワイトデーのお返しをいらないと言われたら、モヤモヤしてしまいますよね。まだ付き合っていない女性の場合は「脈なしなのか?」と思ってしまいますし、本当にお返しをしなくてもいいのか迷ってしまう方も多いと思います。

そこで今回は、ホワイトデーのお返しをいらないと言ったことがある女性15名に、その時の本音を聞いてみました。

実際に「相手の男性はお返しをしなかったの?」「それに対してどう思ったのか?」も聞いていますので、合わせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しをいらないと言った女性の本音

義理チョコをあげた人に言った女性の本音

相手がしつこくて仕方なくあげただけだった

40代女性「ゆりか」さん
大学生の時、バイト先の同い年の男性が私に好意を持っていてくれて、バレンタインが近くなった時に「チョコ、俺にもくれないかなあ?」と、あまりにもしつこく言ってくるので義理であげました。
正直どうでも良い相手だったのでチョコも一番安いものだったので「お返しはいらないからね。」と言ったのですが、相手は高そうなチョコの詰め合わせを返してきて、バイト先の女の子と皆で分けて食べました。
当然、高いチョコをもらっても最初から相手に興味はなかったので、その後も奇跡は起きませんでした。

変に気を遣われるのも困るから

20代女性「はる」さん
バレンタインに私が用意したチョコレートは皆に配るために大量発注したもので、そんな大したものではなかったので、変に気を遣われるのも困ると思って、お返しはいらないと言いました。
しかし、その人は結局お返しを用意してくれて、なんだか申し訳ない気持ちになりましたが、律儀に用意してくれる姿勢はとても好感が持てました。

ただのおやつをもらっただけだと思って欲しかった

20代女性「かんさく」さん
仲のいいサークルの男子達に安い小さいものをたくさん買ってあげただけだったので、わざわざお返しをもらうようなものでもありませんでした。
年下の子や先輩にもあげていたので人数もかなり多かったが、自分がしたかっただけなので、ただのおやつをもらっただけだと思って欲しかったです。
結局数名の人たちは500円程のものをそれぞれがくれました。お返しをくれる子はみんなに同じように渡していたので、思いやりがあるかなのかなと思いました。

相手の金銭面を考えての配慮

20代女性「まい」さん
義理チョコなのでお返しは必要ないと思ったからです。
私以外の女性も義理チョコを配っていたので、相手の金銭面を考えての配慮のつもりでした。
言った通り彼はお返しを持って来ませんでした。私から必要ないと伝えていたので、持ってこなかったことに対しては特に何も思わなかったです。
欲を言えば「ありがとうございました」の言葉は欲しかったです。

日頃の感謝の気持ちを込めただけだから

30代女性「りんご」さん
会社の先輩でいつも私の事を気にかけてくれていたので、感謝の気持ちを込めてチョコレートをバレンタインに渡しました。その旨も伝え、お返し入りませんと言って渡しました。
しかし、ホワイトデーにはきちんと素敵なハンカチを返してくれました。
私は申し訳ないと感じましたが、やはりきちんとした人だと、信頼感がますます増しました。

好きな人に言った女性の本音

ただ、気持ちを伝えたいだけだった

40代女性「とっとこ」さん
ただ気持ちを伝えたい衝動にかられ、バレンタインデーを利用してチョコをばっと渡し、お返しはいいからと言いました。
結局相手からは何ももらっていません。それもそのはず、私の仲のいい友達のひとりと付き合い始めていたからです。
気持ちを伝えられただけでほぼ満足したので相手には何も求めませんでしたが、しばらくはショックでした。
今思えば、チョコを渡した時に好きな人がいるならそう言って欲しかった気もします。

チョコが余ったから

20代女性「ほしいも」さん
少し好意を持っていた男性にチョコをあげました。他の女の子からも人気のある人だったので、好きになるつもりもなく、あげないつもりでしたがチョコが余ったので「余ったから、あげる」と渡しました。
ホワイトデーの日、他の女の子たちにお返しを上げているのを見ました。が、私にはお返しなしでした。
「いらないよ」とは言って渡したものの、「私には無しか」とは思いました。
もちろん物が欲しかったわけではなく、「他の女子達もいる中、私に対してはどれくらいの感情を持ってるのか」と少し試そうとした自分に嫌気がさしました。
そこからもう好意を持たないように心がけました。
スポンサーリンク

お金のない人だったから

30代女性「ふくろう」さん
お返しをいらないと言った理由は、とにかくお金がない人だったから。私の為に使うんだったら自分の為に使って欲しかったんです。
あと見返りは求めてなかったから。受け取ってもらえるだけで満足でした。
結局彼は少ない給料の中からお返しをくれました。でも私が勝手に渡しただけなのに、申し訳ない気持ちになりました。嬉しかったですけどね。

強がって言ってしまった

30代女性「えっちゃん」さん
相手の気持ちがわからなかったんですが、自分の気持ちは伝えたくて、バレンタインデーあげたら告白していなくても気付いてくれるかなと思ってあげました。
その時にホワイトデーのお返しを本当は欲しかったけど、強がっていらないからと伝えました。
しかし、ホワイトデーの翌日に相手から連絡があって会うことになり、お返しを貰いました。きちんとくれる人なんだなと凄く嬉しかったです。

彼氏に言った女性の本音

彼氏にイライラした

40代女性「りんご」さん
私はそもそもイベントがあまり好きではないのですが、あげるほうはケチだと思われたくないので、バレンタインは普通にしました。
対して彼はチョコレートが好きではないので、一般的なチョコレートと、ネクタイをあげましたが、たいして喜んでいないし、色々かちんと来る事を言われたので、ホワイトデーはいらないと言いました。
すると、そんな訳にはいかないと言っていましたが、その後もイライラする事をされて、絶対受け取らないと思い、受け取りませんでした。

お返しを貰いたいという気持ちがない

20代女性「tomoko」さん
わたしはバレンタインデーには手作りのお菓子しかあげないので、お返しを貰いたいという気持ちがそもそもありません。
その当時付き合っていた彼氏にもそのように伝えていました。
結局彼はお返しのかわりにちょっとオシャレなレストランを予約してくれて、ディナーをご馳走してくれました。
それまでの付き合いでもわかっていましたが、律儀な人だなと思いました。

上手く作れなかったから

20代女性「ぽん」さん
手作りの物を渡したのですが正直上手く作れなかったので、その分「わざわざお返しなんてくれなくて大丈夫だよー!」と彼に伝えました。
しかしホワイトデー当日、家に花束と可愛い市販のクッキーを持ってきてプレゼントしてくれました。
もちろんお返しは期待していなかったのですが、彼に優しい行動にとても嬉しく思いました。

彼氏にプレッシャーをかけたくなかった

20代女性「ぽむ」さん
私と彼にとっては初めてのバレンタインデーで、私は彼に内緒で何日も前からからちょっとずつ準備を始めて、当日のサプライズは予想以上に喜んでもらえました!
でも、翌月のホワイトデーのことを考えると、彼のことだからきっと「貰った以上のサプライズをしなきゃ!」とプレッシャーを感じてしまうと思ったので、とっさに私は「私がやりたくてやったことだから、ホワイトデーのお返しはホントに何も要らないよ!!」と念を押してしまったのです(笑)
「ん?、、、わかった」と少し落ち込んだ様子の彼に「しまった…」と思った私ですが、ホワイトデー当日が何事もなく終わって日付が変わった瞬間に、彼から「これはホワイトデーではなくっていつもありがとうの意味」と言ってお返しをもらった時は大喜びでした!

忙しくてお金がないのを知っていたから

30代女性「ルクルーゼ23」さん
結婚する前に主人が彼氏だったころのできごとです。
付き合って2年目のホワイトデーの時、彼は引っ越しや転職を控えていて忙しく、私はお金もないのを知っていたので、ホワイトデーは特に何もいらないと伝えました。
しかし、彼は思ったよりイベントを大切にするタイプだったようで、都内の有名ケーキ店へ連れて行ってくれ、ほしかった化粧品をプレゼントしてくれました。
私は何も期待していなかったので嬉しく、忙しい中しっかり時間を作ってくれた彼に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

気を使わせたくなかったから

20代女性「りこぴん」さん
バレンタインデーの時にブラウニーなど彼が喜びそうなお菓子をいっぱい作って渡したのですが、私はお菓子しかあげていないので「物で返って来ると気を使ってしまうなぁー」と思ったので「お返しはいらないよ」と言ったのですが、彼は納得いかないような顔を彼が浮かべてました。
それに対して「逆に気を使わせてしまうのかな。」と思いましたが、ホワイトデー当日に彼から婚約指輪を渡されました。
「ホワイトデーに婚約指輪を渡す予定だったのにいらない。とか言うから困ったよ…」と言われ、私は嬉しさのあまり泣いてしまいました。
今ではその彼と結婚して早4年が経ちました。

まとめ(結論)

今回は『ホワイトデーのお返しをいらないと言った女性の本音』をご紹介しました。

好きな男性に対しても言っている女性がいましたので「いらない=脈なし」とは限らないようですね。むしろ、脈なしの気持ちで言ったのが分かったのは、最初にご紹介したしつこい男性にあげた方だけだったと思います。

また、実際にいらないと言われても、ホワイトデーにお返しをした男性は15名中12名で、お返しをもらった女性たちは大体「嬉しかった」と答えていました。

ですから、相手の女性に与える印象を考えれば、「お返しはいらない」と言われても『お返しはするべき』と言えるでしょう。