好きな人に「頑張って」と言われたら脈あり?その男性心理を聞いてみた

好きな人に「頑張って」と言われたら脈あり?その男性心理を聞いてみた会話中の男性心理

好きな人から「頑張って」と言われると嬉しいですよね。

「脈ありだったらいいな」と期待している方も多いと思います。

そこで今回は「頑張って」と言う男性心理について、男性30名に聞いたアンケート結果を紹介します。

好きな人に「頑張って」と言われたら脈ありなのでしょうか?

スポンサーリンク

好きな人に「頑張って」と言われたら脈あり?

男性30名に『あなたが付き合っていない女性に「頑張って」と言ったのは、どのような相手ですか?』と聞いた結果がこちらです。

  • 気になっている女性だけ:1名
  • 気になっている女性の場合が多い:4名
  • 異性として意識していない女性の場合が多い:23名
  • 異性として意識していない女性だけ:2名

『気になっている女性』と答えた男性はわずか5名だけ。

7割以上の男性が『異性として意識していない女性』と答えていますので、これだけで脈ありと判断することはできないでしょう。

では、「頑張って」と言う男性は、どのような心理なのでしょうか?

スポンサーリンク

「頑張って」と言う男性心理

好意をアピールしたい

「頑張って」と言う男性心理の一つ目は『好意をアピールしたい』です。

30代男性「yama38」さん
特に気になっている女性には会話をしたいという気持ちが強いので何か困っていることがあれば相談に乗り、最後に「頑張って」ということが多いです。そうすると相手も自然と「ありがとう」と言ってくれるのでこちらも元気を貰えます。

包容力をアピールしたい

「頑張って」と言う男性心理の二つ目は『包容力をアピールしたい』です。

30代男性「ケイ」さん
飲み屋さんで知り合った女性に対して、仕事が辛そうだったので一緒にご飯に行き「頑張って」と励ましました。付け加えると今も頑張ってることは知っているという言葉も一緒に伝えましたが、包み込んであげたい気持ちで言いました。とても照れくさそうにしていた彼女とその後兄妹のような関係となり長きに渡り仲良くさせてもらっています。
スポンサーリンク

サポートしてあげたい

「頑張って」と言う男性心理の三つ目は『サポートしてあげたい』です。

20代男性「ts」さん
同じ大学の学科でとても仲の良い女の子がいる。その子の部活の試合を観にきて欲しいと言われ、会場に他の友達と会場に行った。その時に頑張ってと言い、笑顔でありがとうと言っていた。その後も今と変わらず仲良く授業を受けていて、友達でいる。
20代男性「ザバスマン」さん
職場の女性が試験を受けるので軽いプレゼントと共に「頑張って」と言いました。かなり嬉しかったようで、その後デートに誘ってくれました。気になっていたというよりはサポートしたいと思った女性だったのですが、デートは楽しかったです。
20代男性「たらこ」さん
社会人3年目の時、はじめて後輩ができた。その子はとても一生懸命で何に対しても熱心に取り組む姿が印象的だった。ある日、お互い残業をしていた際に、自分が先に帰ることになったときに、「頑張って」と言った。サポートをしてあげたいなという気持ちといつもお疲れ様という気持ちで言ったので、異性として意識をしていたわけではない。
30代男性「tk」さん
その女性のことがとても気になっていた私はよく話しかけたりしていました。検定を控えている彼女に対して優しい言葉をかけてあげたく、彼女なら絶対受かるから頑張ってと声をかけたりしました。その彼女は検定に合格して報告の電話でくれました。特に付き合うなどには発展しませんでしたが人を応援することはとても気持ちがいいことなんだと今でも思えるようになりました。
30代男性「ゆうき」さん
仕事やプライベートでの事で進みが遅かったり悩んでいたりする時に言う事があります。自分は貴方を放っておかずにちゃんと最後までサポートするという気持ちで言う事が多いです。また、自分も同じ様な気持ちで見守っているという感じも出るので印象を良く出来るからです。

落ち込んでいたので励ましたい

「頑張って」と言う男性心理の四つ目は『落ち込んでいたので励ましたい』です。

20代男性「りょう」さん
大学時代で同じゼミに所属していた友人へ言いました。就職活動の時期で、私は4年に入ってすぐに内定が貰えましたが、友人は苦戦していました。面接で上手くいったと思った企業からも不合格通知が届き、涙するほど落ち込んでいました。原因の1つとして面接が不合格の要因と考え、私が面接官役を行い一生懸命に練習を重ねました。翌日が本番を迎える前日に「頑張って、自信もって!」と伝えました。残念ながらその企業にも不合格でしたが、社会人になって4年目ですがいまだに飲みに行く仲です。
30代男性「ぺぺ」さん
営業時代に後輩の女性がコンペに負けて落ち込んでいた時に、頑張ってと声をかけました。なぜ負けたのか上司に責められていたので愚痴を聞くためにそのあと飲みに行きました。あわよくば的なことは一切考えておらず、何も起きずでした。
40代男性「Kazu-Tora」さん
その女性は同僚で少し落ち込んでいたというか、元気がなかったため話を聞くことに。彼女とは戦友みたいな感じで何でも話せ、励まし励ましてくれる関係ですので頑張ろうと伝えました。ありがとうと返事をし、いつもの元気が戻っていて嬉しかったです。今でも良き仲間の1人として関係が続いています。
40代男性「エキリトル」さん
同じ職場の同僚でお互い異性として意識はしていないものの気さくな間柄で、大事な取引先の前でミスをしてしまい落ち込んでいたので誠実に「頑張って」と励ましてあげました。素直に喜んでくれその後も同僚としての良い関係を続けています。
40代男性「ジンジンジン」さん
勤務している会社は中小企業で、少数精鋭で社員が頑張っているが入りたての経理の女の子が年末の繁忙期に慣れない事務作業に四苦八苦していた。自分としては何か手伝ってあげたいところだったが実際は何も出来ないので、差し入れのお菓子と一緒に頑張ってと声をかけました。
スポンサーリンク

放っておけない

「頑張って」と言う男性心理の五つ目は『放っておけない』です。

30代男性「ひむ」さん
会社の仲間で仕事や趣味のことも頑張っている同期の女性に対して送ったことがある言葉です。社交辞令ではなく、本当に頑張って大成してほしいと願って言葉を送りました。その人とはその後も仕事仲間としても、それを離れても仲が良いです。
30代男性「れんこん」さん
会社での後輩の女性が急に大きなプロジェクトを任せられて気落ちしていた。そんな彼女へ頑張っての一言を言った。彼女は明るい顔を見せて笑った。その後彼女は無事に大きなプロジェクトを無事終わらせることができた。彼女との関係はいまだに先輩後輩の仲ですが、頑張ってと言った本音はとにかくほっておけなかったのです。恋心ではなく、私自身がそういう性分だからだと思います。

自分も一緒に頑張るため

「頑張って」と言う男性心理の六つ目は『自分も一緒に頑張るため』です。

30代男性「シャムスカ」さん
使った場面は部下の女性に対してです。お客様からのクレーム対応で部下がてんてこ舞いになっていたので、使いました。こちらも好意を持っているわけではないので、特に関係性に変化はなかったですが、たまに焼肉を奢らされてました。
40代男性「ひでぽん」さん
お仕事上でのことです。期限が迫っているお仕事で一生懸命頑張っているのに間に合いそうにもない時に、会社の女性が「もう間に合いそうにもないし」と落ち込んでいた時、僕が「間に合うかわからないけどもう一息頑張ってやろうよ」と話しました。「もし、間に合わなかったら事情を話せばなんとかなるよ」と話しました。
スポンサーリンク

期待しているから

「頑張って」と言う男性心理の七つ目は『期待しているから』です。

30代男性「ad」さん
特に仕事でからむ方や友人に言うことが多いと思います。実際に頑張ってほしい、期待している、という気持ちを伝えるためには言葉にしないと伝わらないので、実際に”頑張ってほしい”という気持ちを言葉にして伝えます。
30代男性「pgpg」さん
仕事の後輩に対して、黙々と努力するタイプの子でしたが中々努力が成果として表れず悩んでいると相談を受けました。陰で努力している事はよくわかっていたので、「目標を見失わずにそこに向けて真っ直ぐ頑張って。」と伝えました。
30代男性「たか」さん
付き合っていない女性の部下が仕事を頑張っている姿を常日頃見てきていました。その女性が辛そうな仕事に向き合っており、当方もサポートした際に期待の意味を込めて頑張ってという言葉をかけました。その部下は今ではとても頼れるリーダーとなっています。
40代男性「しみてる」さん
異性として意識していない女性に対しては逆に「がんばらなくてもいいよ」ということがあります。なので、意識していない場合の女性には申し訳ないですが、「頑張って」と言うことがあります。でも時と場合により「適当に頑張って」ということも付け足すこともあります。

社交辞令

「頑張って」と言う男性心理の八つ目は『社交辞令』です。

20代男性「たかひろ」さん
頑張ってと女性に声をかけた事があります。職場での後輩に対してが多かったです。その時は何も思っていなくてただ別れ際のまたくるわ!みたいな感じでの挨拶みたいな感じで声をかけていました。が、辞めてから声をかけてくれる人がいなくなったので寂しいとの声があるよと教えてもらったことがあるので何気ない声掛けでも寂しく感じてもらえて嬉しかったです。
30代男性「なすび」さん
職場の後輩である子が残業が続いており、職場の休憩室で談笑しているときに「頑張って」と伝えた。相手は特別なリアクションをすることはなく、その後も談笑は続いていたため、相手に特別な感情は無いと思う。また、私自身も何も深く考えずにその言葉を発していた。
40代男性「小太郎」さん
会社の同僚女性からプライベートのことについて相談されることがあります。特に気にも留めていないどうでもよい関係のため、「彼氏に振られそうなんです。どうしましょうか?」と聞かれても即答で「頑張って」と即答しています。
スポンサーリンク

好きな人に「頑張って」と言われたら脈あり?【まとめ】

今回は「頑張って」と言う男性心理について、男性30名に聞いたアンケート結果を紹介しました。

『あなたが付き合っていない女性に「頑張って」と言ったのは、どのような相手ですか?』と聞いた結果がこちらです。

  • 気になっている女性だけ:1名
  • 気になっている女性の場合が多い:4名
  • 異性として意識していない女性の場合が多い:23名
  • 異性として意識していない女性だけ:2名

 

また、「頑張って」と言う男性の心理がこちらです。

  • 好意をアピールしたい:1名
  • 包容力をアピールしたい:1名
  • サポートしてあげたい:9名
  • 落ち込んでいたので励ましたい:8名
  • 放っておけない:2名
  • 自分も一緒に頑張るため:2名
  • 期待しているから:4名
  • 社交辞令:3名

好きな人から「頑張って」と言われても、脈ありとは限りません。

好きな人が脈ありかどうかは他の言動から判断していきたいですね。

会話中の男性心理
スポンサーリンク
脈あり白書|脈あり男性のサイン・心理を研究するメディア
タイトルとURLをコピーしました