プロポーズしてくれない彼氏に冷めた時のエピソード!結局どうした?

彼氏がなかなかプロポーズしてくれないと、気持ちも徐々に冷めてきますよね。「このまま付き合い続けるのも辛いな」と感じている方は多いと思います。

そこで今回は『プロポーズしてくれない彼氏に冷めた時のエピソード』をご紹介します。

果たして、彼氏への気持ちが冷めてしまった女性たちは、結局どうしたのでしょうか?

スポンサーリンク

プロポーズしてくれない彼氏に冷めた時のエピソード

結婚した

逆プロポーズした

30代女性「ぷに子」さん
付き合って2年くらいたったくらいに、自分も30歳になったし、周りも結婚する人が多かったので、そろそろ結婚したいなと思っていました。
彼氏は会うたびに「これからどうする?これからどうしたい?」と探るような感じで聞いてくるばかりでした。
自分としては、男らしく結婚しようと言って欲しかったので、その探るような感じにいつもイライラしていました。
それが半年くらい続き、男らしくない彼氏に冷めてしまいたした。
自分の31歳の誕生日が近くなってきて、このままだとダラダラ今の関係のままで結婚できないのではという焦りがでてきました。
そこで彼氏に自分から「31歳になる前に結婚したい!」と言ってみました。それに対して、やっと彼氏が「じゃあ結婚しよう!」と言ってくれました。
まさかの逆プロポーズになってしまいましたが、結婚できることになり今は幸せな日々を過ごしています。

プロポーズすると約束させた

20代女性「とうふちゃん」さん
私の周りで結婚ラッシュが起きた頃、私と彼も交際して3年目を迎えようとしていました。
事前にそれとなく、結婚したいアピールをしていたので、3年目の記念日にはプロポーズしてもらえると期待していたのですが、プロポーズどころか記念日すら忘れていて完全に冷めましたし腹が立ちました。
怒りながら、プロポーズを期待していたことを告げました。
なぜまだ結婚できないのかという彼なりの状況を聞き、私の次の次の誕生日までに必ずプロポーズするように約束を取り付けました。
約束通りプロポーズをさせて結婚しましたが、自発的でロマンチックなプロポーズに憧れていたので、今でも根に持っています。

「結婚しないなら別れる」と手紙を書いた

50代女性「ジハズ」さん
私が彼と付き合い始めたのは30歳の時でした。
サークルで知り合った彼は私より3歳年が若かったので私は年齢をごまかしていました。
1年たった私の誕生日に”実は3歳年上で31歳になるの”とカミングアウトしました。
彼にとって3歳の歳の差は気にならなかったようなので付き合いを続けていましたが、2年たってもプロポーズどころか結婚の話は出ませんでした。その頃からだんだん気持ちが冷め始めてきました。
そこで思い切って結婚の意思がないなら別れるという手紙を出しました。
当時彼は休職し大学院で勉強をしていて、ちょうどその頃卒業し復職するため遠距離恋愛になりかねない状況でもあったのです。
すったもんだがありましたが、現在の私の夫です。

今も付き合っている

一度別れたけど…

30代女性「えばらはれこ」さん
冷めたのは付き合ってから5年くらい経った時。
2年くらい前から半同棲をしていて、私もそろそろ25歳だしそろそろ結婚を…と考えていた時に、ちょうど彼の口から結婚するならお前かなーというような台詞が出てきました。
「これは、そろそろプロポーズくるか!?」と身構えつつ、いい嫁アピールで家事を積極的にこなしていました。
しかし、その数か月後、彼は突発的に知り合った可愛い女の子に一目惚れ。私に内緒でアタックをした結果、彼女と付き合うことに。
しかも私には付き合うことが決まってから、A子と付き合うから別れようと。その子とうまくいかなかった時のために私をキープしておくその姿勢にいっきに冷めました。
結局一時的に別れたのですが、向こうは上手く行かずまた私の元へ戻ってきました。少し距離を取りつつも続いていますが、私も大概甘いなぁ…。
スポンサーリンク

別れた

「まだ結婚するつもりはない」と言われた

20代女性「みーちゃん」さん
当時、彼とは1年半付き合っていました。
理想は25歳までに結婚したかったので、その時ちょうど25歳で、付き合っていた彼と結婚するつもりでした。
しかし、彼は一向に結婚したいという雰囲気もなく、毎日が過ぎていくばかりでした。
ある日、しびれを切らした私は、彼に結婚したいと話しました。すると「まだ結婚するつもりはない」とはっきり言われました。
それを聞いて一気に冷めてしまった私は、彼と別れることを決め、「別れたくない」と止められましたが、次の日に別れることになりました。

後悔していない

30代女性「ハチ」さん
付き合って一年半ほど経った頃に冷めてきました。
付き合い初めの頃に相手からそういった話があったにも関わらず、1年経った頃にこちらから具体的な話を求めても上辺の返答のみで、実際行動には移してくれず、本当に冷めるまでの半年間はずっとうやむやな状態での付き合いでした。
その後相手とはすっぱりお別れしましたが後悔はありません。

1年後に別の男性と結婚した

30代女性「ななみん」さん
付き合って5年、もう20代後半になっていた時でした。
30歳までに子供は生みたいなーなど彼氏には言っていたのですが、反応はなし。
買い物に出かけたときにジュエリーショップで指輪を見ていた時に、彼氏に「まだこういうのはいらないでしょ」と言われた瞬間冷めてしまいました。
その翌月にはお別れしました。その後付き合った別の男性に交際1年でプロポーズしてもらい結婚しました。

結婚したいという気持ちが強かっただけかも

30代女性「ホノカ」さん
私は以前、結婚を前提に付き合っていた人がいました。
結婚願望が強かったので付き合って早々に同棲も開始しました。しかし一向に具体的な話は進まず、ましてプロポーズもされませんでした。
そんな生活が半年ほど続き、私から逆プロポーズをしてみたのですが、なんとなくかわされてしまい話が進むことはありませんでした。
付き合って一年ほど経った頃には私の気持ちも冷めてしまい、同棲は解消し私から別れることにしました。
結局私も、彼のことが好きだったのではなく、結婚したいという気持ちが強かっただけなのかもしれません。

まとめ(結論)

今回は『プロポーズしてくれない彼氏に冷めた時のエピソード』をご紹介しました。全部はご紹介できませんでしたが、15名に聞いてみた結果がこちらです。

  • 結婚した:3名
  • 今も付き合っている:1名
  • 別れた:11名

結婚した方もいましたので、同じ冷めた気持ちでも、かなり温度差が感じられた結果になりました。

ただし、結婚した方と別れた方には、最終的に「彼氏の本音を確かめた」という共通点がありました。結果が違うのは、彼氏の答えが違ったからです。「今も付き合っている」という方は、まだ彼氏の本音を確認できていないようでした。

ですから、本当はまだ彼氏と結婚したいという気持ちがある方は、勢いで別れてしまう前に、はっきりと彼氏の気持ちを確かめてみたほうが良いかもしれませんね。